子供のみ加入できるおすすめの海外旅行保険!料金や補償内容を徹底比較

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外旅行

「家族で海外旅行に行くんだけど、どの海外旅行保険が子供に安い?」という疑問はありませんか?

子供だけ加入できる一般的な海外旅行保険の料金や補償内容なを調査した結果、子供の海外旅行保険は、家族特約がある海外旅行保険付きのクレジットカードを利用するのが1番安く、シンプルで簡単です。

最後読めば、子供に安い海外旅行保険をどうするか?ベストな方法がわかります。ぜひ、参考にしてください!

結論|子供の海外旅行保険はクレジットカードの家族特約1番おすすめ!

子供の海外旅行保険はクレジットカードの家族特約が1番おすすめ!

一言にすると、保険の利用が簡単で、料金もお得だからです。

具体的には、以下の4つの理由とメリットがあります。

1.キャッシュレスで診察してもらえる
2.子供の人数に制限がない?
3.24時間日本語対応で安心
4.クレジットカードによってはコスパが良い

それでは、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

1.キャッシュレスで診察してもらえる

子供の海外旅行保険にクレジットカードの家族特約をおすすめする1つめのメリットは、キャッシュレス診察に対応していることです!

クレジットカードの海外旅行保険会社が提携する病院で診察すると、病院は保険会社に直接請求します。

医療費が高くなりやすい海外では、自己負担がない方が安心して病院に行くことができます。

後ほど紹介しますが、海外企業の海外旅行保険は安いメリットがありますが、原則キャッシュレスに対応していないことがほとんどで、建て替えた費用を後から請求することになります。

私は、カナダでひざのケガで手術やリハビリもしたのですが、300万円ほどをキャッシュレスで対応してもらえて本当に助かりました!

クレジットカードによって保険の付帯期間は変わりますが、90日以内位の海外旅行であれば、クレジットカードの海外旅行保険がおすすめです。

2.24時間日本語対応で安心

クレジットカードの海外旅行保険だと、24時間日本語で対応してくれるという安心感もメリットでしょう。

海外企業の保険だと、英語での対応になることが多いので、英会話ができる人でないとコミュニケーションに不安があります。

日常英会話ができても、保険だと普段使わないような言葉などを使うことも考えられますし、母国語で対応してもらえるのが1番安心だと思います。

3.子供の人数に制限がない

クレジットカードの海外旅行保険の家族特約は、人数に制限がないこともメリットです!

保険会社の海外旅行保険に加入する場合、1人1人料金がかかるのが一般的。

お得になるファミリープランはあっても、保険料がまるまる無料になることはほぼありません。

家族特約なら、子供が1人でも2人でも、海外旅行保険の補償対象になるので嬉しいですよね!

対象の家族の条件に注意すること

ただし、クレジットカードによって、家族特約に該当する『家族の条件』が異なります。


●対象になるのは19歳未満
●配偶者は対象外
など

19歳以上は家族特約の対象外になるクレジットカードも結構あります。

その場合は、家族カードで本会員と同じ補償内容の海外旅行保険を付帯できることが多いので、家族カードの作成も検討しましょう。

4.クレジットカードによっては年会費が無料

家族特約で家族の海外旅行保険が無料でカバーできるのはゴールドカード以上が一般的ですが、条件次第で年会費が無料になるゴールドカードもあります。

普通に海外旅行保険に加入する場合、ハワイ7日間で1人3,000円位はかかります。ファミリープランで割安になるかもしれませんが、圧倒的に無料の方が嬉しいですよね!

子供の海外旅行保険におすすめのクレジットカード3選

子供の海外旅行保険におすすめのクレジットカードは、以下の3つ!

●セゾンゴールドプレミアム:何歳の子供でもOK!
●三井住友カードゴールド(NL):19歳未満の子供
●エポスゴールドカード:18歳以上

上記の3つは、子供の海外旅行保険も付帯できるゴールドカードの中でも、年会費がお得◎

1番おすすめなのは、年齢制限がなく、子供の他にも配偶者や一緒に住む両親もカバーできる『セゾンゴールドプレミアム』

簡単にポイントを表をまとめたので参考にしてください。

 セゾンゴールド
プレミアム
三井住友カード
ゴールド
エポスゴールド
年会費11,000円
※条件クリアで無料
5,500円
※条件クリアで無料
5,000円
※条件クリアで無料
傷害死亡・
後遺障害
1,000万5,000万5,000万
賠償責任2,000万5,000万5,000万
救援者費用100万500万100万
傷害治療300万300万300万
疾病治療300万300万300万
携行品損害20万50万50万
家族特約配偶者××
生計を共にする
同居の親族
19歳未満が対象×
生計を共にする
別居の未婚の子
19歳未満が対象×
家族カード
※18歳以上が申込対象
補償内容本会員と同じ補償本会員と同じ補償本会員と同じ補償
発行料1,100円
※本会員が永年無料の場合は
家族カードも永年無料
無料無料

特に重視したい項目は、利用頻度が高い『傷害治療』『疾病治療』『携行品損害』。

クレジットカードの保険としては高額補償と言えます。

ただ、手術・入院など重症だった場合は、300万円だと足りない可能性もあるので、子供が19歳以下なら『セゾンゴールドプレミアム』+『三井住友カードゴールド』19歳以上なら『セゾンゴールドプレミアム』+『エポスゴールド』など、2枚を組み合わせると安心です。

なぜなら、クレジットカードの保険は、傷害死亡・後遺障害以外の項目であれば、それぞれのカードの保険金を合算した範囲内で補償を受けることが可能だからです。

それぞれ、順に特徴を見ていきましょう。

セゾンゴールドプレミアム

セゾンゴールドプレミアムが子供の海外旅行保険に1番おすすめな理由は、年齢制限がないからです。

子供だけでなく、配偶者や一緒に住む両親などもカバーできるので、家族旅行にピッタリでしょう!

【対象となる家族】
1.本会員の配偶者
2.本会員と生計を共にする同居の親族
3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子

また、セゾンゴールドプレミアムは、通常年会費11,000円ですが、いずれかの条件を満たすことで年会費が永年無料になります。

①年間100万円以上の利用で翌年以降が永年無料
⇒初年度のみ11,000円の年会費がかかる

②インビテーション(招待)でセゾンゴールドプレミアムに切り替える
⇒初年度から年会費が無料

来年など海外旅行が先の場合は、セゾンカードインターナショナルなど、一般カードを利用してインビテーションを狙うのもおすすめですが、インビテーションがもらえるタイミングは人によって変わります。

そのため、海外旅行の予定が近い人は、年会費を払ってでもセゾンゴールドプレミアムを発行することをおすすめします。

その方が手っ取り早いですし、その価値は十分ありますよ◎

【セゾンゴールドプレミアムのメリット】
●映画料金が1,000円になる
●コンビニ・マック・カフェで最大5%還元!
●国内・ハワイ(ダニエル・K・イノウエ国際空港)の空港ラウンジが無料
●貯まるポイントは、有効期限がない永久不滅ポイント
●海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が利用付帯

タイミング次第では、新規入会者特典がもらえるキャンペーンもあるので、お得に申し込みすることができます。

ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)は、19歳未満の子供の海外旅行保険におすすめです!

【対象となる家族】
1.本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
2.本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

配偶者もカバーしたい場合は、家族カードを作成することで本会員と同じ補償を受けることができます。

また、三井住友カードゴールド(NL)も、いずれかの条件を満たすと年会費が無料になります。

①年間100万円以上の利用で翌年以降が永年無料
⇒初年度のみ5,500円の年会費がかかる

②インビテーション(招待)で三井住友カードゴールド(NL)に切り替える
⇒初年度から年会費が無料

【三井住友カードゴールドのメリット】
●毎年10,000ポイントがもらえる
●海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が利用付帯
●対象のコンビニ・飲食店でタッチ決済すると最大7%のポイント還元

すぐに海外旅行保険を使いたい人は、年会費も高くないのでゴールドに申し込みするのがおすすめ。継続すると毎年1万円分のポイントがもらえるので、年会費がかかってもまったく損ではありません。

1年以上先の場合は、インビテーションを狙うのも良いでしょう◎

エポスゴールドカード

子供が18歳以上の場合は、エポスゴールドをおすすめします。

エポスゴールドは、家族をエポスゴールドを無料招待できる『エポスファミリーゴールド』という制度があるのですが、一般的な家族カードと違って、個人カードとして付与されるのが、おすすめしたいポイントです!

 エポス
ファミリーゴールド
一般的な
家族カード
利用限度別々の限度額代表者の限度額内を全員で利用
利用明細個人に通知代表者にすべて通知
引落口座個人の口座代表者の口座

エポスゴールドは、海外旅行好きには嬉しい特典が便利なので、18歳以上なら持っておくと良いでしょう。

【エポスゴールドのメリット】
●有効期限なしの永久不滅ポイント
●海外旅行保険の補償金額が手厚い
●国内・ハワイの空港ラウンジが無料で使える
●空港宅配などの優待特典もある

エポスゴールドは、通常5,000円の年会費がかかりますが、エポスカードからの招待、または家族からの招待で永年無料になります!

私は、家賃などの固定費を支払って半年ほどでインビテーションが届きました。口コミをみると、最短4ヶ月~6ヶ月ほどで切り替えできたという投稿が多いため、海外旅行まで半年以上ある人はインビテーションを狙って家族も招待しましょう。

子供のみ加入できる海外旅行保険を比較

子供の海外旅行保険は、クレジットカードの家族特約が1番おすすめという結論になりましたが、参考までに一般的な海外旅行保険を子供のみ加入した場合の料金もチェックしましょう。

5つの代表的な海外旅行保険で、ハワイ7日間の料金と補償内容を一覧にしました。

 t@biho たびほネットde保険
@トラベル
ソニー損保新・海外旅行
保険【オフ!】
AIG損保
※生後6か月未満
は退対象外
ハワイ7日間たびほ
保険料節約プラン
タイプAお手軽コース
保険料節約プラン
保険料
抑えたいプラン
WL2
傷害死亡
・後遺障害
1000万円
※他の保険契約等と合算
して1,000万円が上限
1000万円1000万円1,000万円
※15歳未満は
1,000万円が上限
1000万円
※他の保険契約等と合算
して1,000万円が上限
疾病死亡1000万円
※他の保険契約等と合算
して1,000万円が上限
1000万円1000万円1,000万円
※15歳未満は
1,000万円が上限
500万円
※他の保険契約等と合算
して1,000万円が上限
治療・救援者費用1000万円1000万円1000万円1,000万円無制限
携行品損害30万円30万円30万円30万円30万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用
1万円10万円1万円10万円5万円
賠償責任1億円1億円1億円1億円1億円
料金2,660円2,660円2,740円2,870円7,440円

それぞれプランが複数ある場合は、安いプランを選んであるのですが、少なくとも3,000円弱かかることが分かります。

クレジットカードの海外旅行保険と違うのは、『航空機寄託手荷物・遅延等費用』の補償があること。

また、治療費で1,000万円の補償がある点は、かなり安心感があります。

ただ、前述したように、クレジットカードの海外旅行保険は、傷害死亡・後遺障害以外の項目が合算できるので、家族特約があるクレジットカードを2枚以上組み合わせることで対策が可能です。

もし、家族特約があるクレジットカードが1枚で不安がある場合は、『たびほ』や『新・海外旅行保険【オフ!】』で補償内容をカスタムすることもおすすめします。通常のプランよりも、保険料を安く抑えることができますよ◎

英語に抵抗がない人はSafetyWingもおすすめ

SafetyWingは、アメリカのサンフランシスコに本社がある保険会社。

日本語対応がないため、あまり英語に抵抗がない家族がいる家庭におすすめです。

もともとはノマドワーカーのためにつくられた保険ですが、普通の海外旅行も契約でき、以下のような特徴があります。

【メリット】
●補償が手厚い
●料金が安い
●大人1人つき、10歳以下の子ども1人が無料でカバーされる
※家族グループで子供2人まで
【注意点】
●日本語対応がない
●保険金を請求するときに$250の免責がかかる
●キャッシュレス診察に対応していない
  Safety Wing
(nomad insurance)



治療費用$250,000
救援費用・移送費用$100,000
理学療・
カイロプラクティック
$50/日
緊急歯科治療$1,000
救急車一般的にかかる費用まで。
補償対象になる病気・ケガで
入院が必要になった場合。
死亡保障$25,000
傷害後遺障害
-
賠償責任$25,000



旅行の中断$5,000
航空機遅延$100
ロストバゲージ最大$3,000まで
1つにつき$500
自然災害での滞在5日間で$100
政治的避難$10,000
緊急医療搬送$100,000

保険料は、アメリカを含むかどうかで大きく変わるのですが、アメリカを含まない場合は特に安くなります。もともとの保険料が安いので、子供だけでなく大人もまとめて申し込みした方がお得になるかもしれません。


例えば、上記で試算すると、以下のようになります。

●39歳以下でUSを含まない場合:7日で$11.27
⇒1円=150円なら約1,690円

●39歳以下でUSを含む場合:7日で$20.86(約)
⇒1円=150円なら約3,129円

個人的には、クレジットカードの保険が1番簡単で便利だと思いますが、安さ重視で注意点も特に気にならない場合は、SafetyWingも検討してみてはいかがでしょうか。

\安いだけじゃない!契約・解約がフレキシブル!/

まとめ

子供の海外旅行保険は、クレジットカードの家族特約を利用するのが1番シンプルで簡単です。

中でも、子供だけでなく、配偶者や一緒に住む両親などもカバーできる『セゾンゴールドプレミアム』をおすすめします。

安全に楽しい家族旅行になれば幸いです!

海外旅行におすすめのeSIMをまとめた別記事などもあるので、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外旅行
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました