一時帰国におすすめのレンタルWi-Fi!安いものから無制限・長期まで厳選!

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外在住

「一時帰国のレンタルWi-Fiはどこがおすすめ?」「レンタルWi-FiとSIM迷っているんだけど、メリットは?」など、一時帰国のレンタルWi-Fiについて迷っていませんか?

一時帰国におすすめのレンタルWi-Fiを徹底比較した結果、通信量無制限なら『Global Mobile』、そうでないなら特に安い『Lucky wifi』をおすすめします!

このページでは、以下の内容で詳しく解説していきます!

●一時帰国でレンタルWi-Fiを使うメリット
●一時帰国のレンタルWi-Fiの注意点と選び方
●一時帰国でおすすめのレンタルWi-Fiを徹底比較!
●海外在住者の一時帰国のレンタルWi-Fiに関する口コミ

最後まで読めば、あなたにぴったりのレンタルWi-Fiが見つかるので、ぜひ参考にしてくださいね!

一時帰国でレンタルWi-Fiを使うメリット

一時帰国でレンタルWi-Fiを使うメリットは、大きく以下の2つ。

●複数の端末でネットが使える
●維持費や自己管理が不要

それぞれのメリットを詳しく確認していきましょう。

複数の端末でネットが使える

レンタルWi-Fiが1つあれば、複数の端末・家族など複数の人で使うことができます◎

ただ、複数人でシェアする場合は、一緒に行動することが前提になるので、はぐれた場合はWi-Fiスポットを見つける必要があります。

また、パソコンやタブレットなど複数の端末を使う場合でも、外出先で利用するかどうかがポイントです。

そんなに外出先では利用しないなら、プリペイドSIMもおすすめですよ。

維持費や自己管理が不要

ネットの使い方によっては、プリペイドSIMもおすすめと前述しましたが、SIMカードの紛失・入れ替えなどの管理や維持費が必要だったりします。

その点レンタルWi-Fiは、借りるだけなので面倒なこともありません。

複数の端末でWi-Fiを使いたいからモバイルルーター良いけど、借りるのが面倒くさいという人は、いっそSIMフリーのモバイルルーターを購入することをおすすめします。

中古なら2,000円~3,000円くらいで手に入りますよ◎

一時帰国のレンタルWi-Fiの注意点と選び方

一時帰国でレンタルWi-Fiを選ぶときに、注意したい主要項目は以下の3つ。

1.受取り・返却のしやすさ
2.通信量
3.レンタル料金(送料含む)

1.受取り・返却のしやすさ

レンタルWi-Fiの受け取り・返却方法は、下記が一般的ですが、一時帰国なら、空港で受け取りできる業者が1番おすすめです!

【受け取り】
●空港
●宅配(滞在先など)
●コンビニ
●店頭

【返却】
●郵便ポストに入れるだけ
※同封されるレターパック/返信用封筒などを使います

宅配のみでしか受け取りできないケースもあったり、対応している空港もそれぞれ違います。

受け取りたい空港に対応しているか?でレンタル業者を選びましょう。

往復送料について

どのレンタルWi-Fiも、片道550円、往復1,100円の送料がかかります。

さらに、羽田空港は500円の追加料金がかかったりします。

お得にしたい人は、無料キャンペーンがないかチェックしたり、店頭受け取りすると安くなる事業者を選びましょう。

2.通信量

レンタルWi-Fiの通信量がどれくらい必要なのかは、一時帰国中のネットの使い方によって大きく変わります。

私の場合、1週間はWi-Fiのある場所、1週間はWi-Fiがない場所に滞在して、2週間ちょっとでギリギリ25GBが足りたくらいでした。

レンタルWi-Fiで動画をたくさん見るならデータ無制限の方が安心かもしれませんが、滞在先にWi-Fiがある人なら2週間で20GBでも足りるのではないかと思います。

複数人でWi-Fiをシェアする場合は、無制限がおすすめです。

ちなみにGoogle Mapは、オフラインマップをダウンロードしておくと、通信量の節約になります◎

【1GBのデータ容量でできることの目安】
■webページの閲覧:約6,000回
■添付ファイル付きのメール送受信:約2,000通
■YouTubeの動画鑑賞:HD高画質で約30分
■LINEのテキストメッセージ:約50万回
■LINE音声通話:約44時間

速度制限について確認しておくこと!

プランによっては速度制限があるため、申し込み前に確認しておきましょう。

下記のような注意点は、無制限のプランでも珍しくないのでよく確認してくださいね!


●1日あたり〇GBを超えた場合
●3日で〇GBを超えた場合

など

3.レンタル料金

レンタル料金は、1週間だと3,000円前後、1ヶ月だと6,000円~7,000円くらいが平均的。1ヶ月4,000~5,000円位だと安い部類に入ります。

以下の3つの要素が、レンタル料金を左右します。

●端末の性能(スペック)
●通信量
●レンタル期間

まずは、端末について見ていきます。

※通信量は前章で触れたのは、ここでは省略します

端末の性能(スペック)について

端末の性能が高いほど、1日当たりのレンタル料が高くなります。

結論から言うと、速度はあまり気にしなくてOK!体感では、ほぼ変わりません。

ただし、複数人で利用する場合は、接続台数はチェックしましょう。

下記のGlobal MobileのレンタルWi-Fiを例に見てみます。

モバイルルーターの最大速度は150Mbpsが一般的ですが、右側のようにスペックが高いものはレンタル料が高めです。

ただ、最大速度はあくまで理論値で、実際にはそこまで速度は出ません。また、モバイルルーターは固定回線ほどの安定性はなく、どの端末でも体感は変わりません。個人的には、料金の高い端末でなくてもいいかなと思います。

上記の画像の端末含め、いくつかの機種の実測値を『みんなのネット回線速度』からまとめた表が以下になります。

 最大速度(理論値)
実測値(平均)
下り上り下り上り
ソフトバンク
Pocket WiFi 802ZT
988Mbps37.5Mbps30.2Mbps11.82Mbps
ソフトバンク
Pocket WiFi 601HW
612Mbps37.5Mbps31.69Mbps16.78Mbps
ソフトバンク
Pocket WiFi FS030W
150Mbps50Mbps24.96Mbps13.11Mbps
WiMAX
Speed Wi-Fi
NEXT W06
1.2Gbps75Mbps38.75Mbps9.01Mbps
GlocalME U2S
(クラウドSIM)
150Mbps50Mbps18.95Mbps10.39Mbp
ドコモ
Wi-Fi STATION
SH-52B
4.2Gbps218Mbps169.13Mbps25.65Mbps

理論値の最大速度は違っても、実測値は似たりよったり。

普通にネット検索するなら10Mbpsくらい、動画を見る場合も画質にもよりますが20Mbpsあれば十分なので、基本的にはどの端末でも問題ありません◎

ちなみに、1番速度が大きいドコモの『Wi-Fi STATION SH-52B』は、5G対応端末です。5Gは対応エリア外だと、表ほどの実測値は出ない可能性があるので、覚えておいてくださいね。

WiMAXはおすすめしない

モバイルWi-Fiは、LTE回線とWiMAX回線に大きく分類され、それぞれ違う通信方式になっています。

LTE:docomo、au、SoftBankのスマホで使われている回線
WiMAX:UQコミュニケーションズが提供する回線

WiMAX回線は、LTE回線に比べて以下の3つの理由からおすすめしません。

●障害物に弱く建物によって電波が届きにくい
●提供エリアがLTE回線より狭い
●3日間の通信量が10GBを超えると通信制限がかかる

私もWiMAX端末をレンタルしたことがありますが、地方では使えなかったのでソフトバンクなどのLTE回線の端末がおすすめです!

ちなみにWiMAXは、『ハイスピードプラスエリアモード』に切り替えるとau4GLTE回線も使えますが、月間7GBまでになっています。

最新端末だとWiMAX回線のみ無制限で使えるみたいですが、そもそもエリアが対象外だったら意味がないので、無難にLTE回線の端末を選びましょう。

レンタル期間について

だいたい2週間以上レンタルする場合は、1ヶ月レンタルしても料金が変わらないことが多いです。

レンタル期間が微妙な人は、2週間でおさめたり、いっそ1ヶ月間のレンタルにしたり工夫してくださいね。

キャンセル料や延長について

レンタル料に関係する以下の項目も確認しておきましょう。

●キャンセル料
┗キャンセルの無料期間、いつから料金発生するか?

●延長について
┗手続きの有無・方法、延滞料など

よくある質問などに記載されていることが多いので、チェックしておくことをおすすめします。

一時帰国でおすすめのレンタルWi-Fiを徹底比較!

代表的なレンタルWi-Fiを簡単に一覧にしました。

選ぶ端末によっても料金は変わりますが、1週間レンタルだと3,000円前後、1ヶ月レンタルだと6,000円~7,000円くらいが目安です。

 通信量料金受取
WiFiレンタル
どっとこむ
50GB1週間:4,290円
1ヶ月:6,600円
空港/宅配/コンビニ
無制限1週間:3,472円~
1ヶ月:7,430円~
Global Mobile無制限1週間:3,360円
1ヶ月: 6,000円
空港/宅配
NETAGE無制限1週間:3,465円
1ヶ月:6,930円
※キャンペーン
次第で安くなる
宅配
WiFi東京無制限1週間:3,080円
1ヶ月:6,600円
空港/宅配
Wi-Fiレンタル屋さん20GB1週間:3,120円~
1ヶ月:5,850円~
空港/宅配/店頭
50GB1週間:3,920円~
1ヶ月:7,350円~
WiFiレンタル便25GB1週間:2,800円~
1ヶ月:5,400円~
空港/宅配
みんなのWiFi30GB1週間:2,000円
1ヶ月:4,580円
宅配
200GB1週間:2,780円
1ヶ月:6,850円
Lucky Wifi1GB/日1週間:1,480円
1ヶ月:2,950円
空港/宅配/店頭
3GB/日1週間:1,960円
1ヶ月:3,960円

それぞれのホームページをよく確認した結果、どのWi-Fiがおすすめだったのかを以下の順に紹介していきます!

●1番おすすめのレンタルWi-Fi
●通信量無制限でおすすめのレンタルWi-Fi
●安さ重視でおすすめのレンタルWi-Fi
●1ヶ月以上の長期レンタルしたい場合は?

それぞれのおすすめを見ていきましょう!

1番おすすめのレンタルWi-Fi

1番おすすめのレンタルWi-Fiは、『Wifiレンタルどっとこむ』!

『Wifiレンタルどっとこむ』は、端末が選びやすく、受取・返却できる空港の数も多くて使いやすいメリットがあります。

また、画像の通り、利用者数や満足の高さに実績があるので、安心してレンタルできることもおすすめポイントです◎

【メリット】
●数々の実績があって、信頼できる!
●選べる端末の種類が多い!
●全国の主要空港で受取り可能!
●レンタル期間の延長も不要
●空港の返却ボックスで返却も簡単!

【注意点】
●データ量無制限でも1日の利用量に制限があることが多い
(3GB/日~10GB/日)

データ利用量には一部注意は必要ですが、使いやすいさは間違いないないでしょう。

\累計利用者数1,700万人突破!/

通信量無制限でおすすめのレンタルWi-Fi

無制限でWi-Fiをレンタルする場合は、Global Mobileが1番おすすめです!

一時帰国で利用する主要な空港で受取りできて、料金も安いので1番お得です◎

【メリット】
●空港で受取りできる(成田/羽田/関西/中部)
●他社と比較して安い!
●1日の利用制限もない!
●往復送料無料キャンペーンを実施することも◎

【注意点】
●羽田空港受け取りは+500円
●機種は2種類のみ

用意している機種は2種類。個人的にはシンプルで選びやすいですが、選択肢が欲しい人は『WiFiレンタルどっとこむ』を検討しましょう。

また、羽田空港での受け取りで追加料金はかかるのは他社でも一般的なので、目立ったデメリットもありません◎

公式サイトに利用者の口コミもあるので、ぜひ参考にしてくださいね!

安さ重視でおすすめのレンタルWi-Fi

通信量が無制限でなくても大丈夫な人は、料金がダントツで安い『Lucky wifi』がおすすめです!

Lucky wifiは、1日当たりの使用量によってプランが変わるのが特徴です。

また、7日以上レンタルすると、1日当たりのレンタル料がどんどん安くなっていきます。

【メリット】
●料金がとにかく安い◎
●プランがシンプルで分かりやすい
●受け取り可能な空港リストにない空港も、郵便局があれば配達可能

【注意点】
●利用できる端末は限られる

リストにない空港でも郵便局があれば受け取り可能なので、備考欄に希望する空港を記載すれば対応してくれます。

どのプランにするか迷ったら、通信量が1番多い3GBのプランにしましょう。

念のため、事前にGoogle Mapアプリ内でオフラインマップをダウンロードしておけば、Google Mapなどたくさん使っても安心です◎

1ヶ月以上の長期レンタルしたい場合は?

レンタル期間が、2ヶ月位なら基本的にはすでに紹介したグローバルモバイルやラッキーwifiがおすすめです。

月単位の縛りなしWi-Fiはレンタル料は割安ですが、以下の理由から結果的にはあまり安くならないこともあるからです。

●初期費用で3,000円位かかる
●初月のレンタル料が日割りにならないことも多い
※利用開始日関係なく1ヶ月分の料金
●必ず月末での解約になる

ただ、3~4ヶ月など長期の場合は、月額3,608円で月間100GBの『最安値保証WiFi』もおすすめです!

【最安値保証WiFiのメリット】
●月額料金が安い!
●初月日割り計算◎
●契約手数料・解約手数料が無料!

【注意点】
●空港の受け取りはできない
●最低利用期間は1ヶ月
●月単位の契約⇒解約は月末
●解約の連絡は前月までに連絡が必要

レンタル開始・終了のタイミングや受け取り場所などの柔軟性は、日割りのレンタルWi-Fiの方が優れています。

上記の注意点が問題なければ、ぜひ検討してくださいね!

海外在住者の一時帰国のレンタルWi-Fiに関する口コミ

海外在住者のリアルな声を聞きたい方も多いと思うので、口コミを集めてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね!

無制限のレンタルWi-Fi派

無制限のレンタルWi-Fi派という口コミの方は、以下が理由だそうです。

●パソコンを毎日使う
●実家にネットがない

毎日どれくらいパソコンを利用するか分かりませんが、1日テレワークする場合は約2GB/日必要と言われています。

さらに動画を見たりすると結構な通信量になるので、状況が似ている方は無制限のレンタルWi-Fiをおすすめします。

レンタルWi-Fiの持ち運びが面倒という意見も…

複数人で使えるレンタルWi-Fiは断然お得という一方で、レンタルWi-Fiの持ち運びが面倒という意見もありました。

特に家族で子どもが小さかったりすると、荷物が多かったりします。

さらにレンタルWi-Fiや念のための充電器など持ち歩くと、かさばってしまうので面倒になることもあります。

状況によってモバイルWi-Fiがいいのか、SIMがいいのか使い分けることをおすすめします。

パソコンを使うならレンタルWi-Fiが無難かも

以下の口コミの方は、SIMを買ってテザリングでパソコンを利用するつもりだったみたいですが、テザリングできないSIMもあるようです。

成田空港の自販機で買うことを検討している人は注意してください。

自販機のSIMだと注意事項が書いてあるのか分かりませんが、その他のSIMでも購入前にテザリングに制限がないか確認しましょう。

分からなければ、レンタルWi-Fiの方が無難かもしれませんね。

電話番号があるSIMの方が便利

電話番号があるSIMの方が良いのでは?と悩む人は結構いました。

上記の口コミでは、楽天モバイルの料金に触れていますが、現在は料金改定でデータを使わなくても毎月1,000円ほどかかります。

2023年1月時点で月額料金が発生しないのは、povo2.0のみです。少なくとも半年に一度課金が必要ですが、200円ほどで維持できます。

まとめ

一時帰国におすすめのレンタルWi-Fiと選び方を紹介しましたが、参考になりましたか?

レンタルWi-Fiは、パソコンを利用したい人や複数人でネットを使う予定の人におすすめです!

滞在先のWi-Fi環境やネットの使い方によって、通信量を選んでくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外在住
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました