VPNで海外から日本のサイト・動画に接続するメリットと注意点!おすすめVPNも

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外在住

「海外から日本のサイト・動画配信サービスにアクセスできない!見る方法はないの?」

「海外在住者におすすめのVPNはどこ?」

海外にいて日本のサイトに接続できずショックを受けたり、困るケースもありますよね。

海外から日本のサイト・動画配信サービスを見るには、『VPN』を使ってアクセスすれば解決できます!

このページでは、『海外在住者におすすめのVPN』について、以下の流れで詳しく紹介していきます。

●VPNで海外から日本のサイト・動画に接続するメリットと注意点
●海外から日本のサイトにアクセスできるVPNの選び方のポイント
●VPNで海外から日本のサイトにアクセスする方法と流れ
●海外から日本のサイトへのアクセスにおすすめのVPNと比較

VPNで海外から日本のサイト・動画に接続するメリットと注意点

海外から日本のサイトにアクセスできない原因と交えて、VPNで海外から日本のサイト・動画に接続するメリットと注意点を見ていきましょう。

地域制限を回避して日本にアクセスできる!

海外から日本のサイトにアクセスできない原因の1つは、『ジオブロック(ジオブロッキング)』と呼ばれる地域制限でサイトの運営元が海外からのアクセス拒否しているからです。

その理由は、主に次の2つ。

●国内限定のサービスとしている(例:メルカリ)
●著作権の問題で規制している(例:Hulu)

『VPN』は、プライバシーを保護してネットワークに接続します。

もともとのIPアドレスから、別のIPアドレスに置き換えてネットにアクセスできるため、ジオブロックを回避して日本へのサイトを見ることができます。

では、ここで、どんなサイトが海外からアクセスできないのか?ざっくりチェックしましょう。

海外からアクセスできないサイト一覧

マンガなどの書籍は、サイトによって異なりますが、日本の動画配信サービスの多くが海外から見ることができません。

海外からアクセスできないサイト
動画配信
サービス
Amazon Prime
Video
Hulu
※日本アカウント
U-NEXTTVer
ABEMALeminoDAZNFOD
NHKプラス
・オンデマンド
TERESAParavidアニメストア
その他LINEマンガ楽天マガジンメルカリラクマ
PayPayRadikoウマ娘ペアーズ

ネットフリックスなどは、滞在国で配信されている内容になるため、日本で配信されていたコンテンツがなかったり、逆に日本になかったコンテンツが配信されていることもあります。

例:ジブリ
●日本のネットフリックスでは見れない
●海外のネットフリックスでは見れる

ジブリは有名な話ですが、その他にも海外ドラマの取り扱いなども変わります。

VPNの利用が規制・違法になる国もある

VPNの利用は、違法にならないの?という疑問もあると思いますが、一部の国では違法になることもあります。

海外から日本のサイトにアクセスできない2つめの原因は、国によって政府がネットのアクセスを規制しているケースがあるからです。

【中国で使えないもの】
●X(旧Twitter)
●LINE
●Facebook
●Instagram
●Google
●Yahoo!
など

【ドバイで使えないもの】
●Skype
●LINEの通話ができない
※チャットは可能

こういったネットの利用が厳しい国では、VPNサービスの利用が規制されていたり、違法になる国もあるので注意しましょう。

以下を参考にしてください。

VPNが違法・規制のある国
中国許可されたVPNならOK
ロシア
イラン
オマーン
UAE合法だが、違法行為・不道徳行為への取り締まりが厳しい
エジプト
トルコ
ウガンダ
ベラルーシ違法
北朝鮮
イラク
トルクメニスタン
※2024年1月時点

該当する国に滞在注意の人は、トラブルに巻き込まれないためにもそれぞれ詳細を確認してくださいね!

海外から日本のサイトにアクセスできるVPNの選び方のポイント

VPNを選ぶときは、以下の6つのポイントがあります。

1.運営元が信頼できるか
2.サーバー設置国(対応する国)
3.通信速度(サーバー数・距離)
4.セキュリティの機能
5.料金プラン
6.同時接続台数

細かいことを言えばもっと比較できる項目はありますが、上記の項目をチェックするだけでも十分でしょう。

それでは、それぞれのポイントを見ていきます。

1.運営元が信頼できるか

VPNを提供する運営元は信頼できるのか?という点も大切なポイントです!

例えば、以下の口コミにあるような、日本語が変でサービス情報もほとんど書かれていないようなVPNはやめておきましょう。

また、無料のVPNサービスもありますが、あまりおすすめしません。その理由も見ていきましょう。

無料のVPNサービスはおすすめしない

無料のVPNは、安全性や快適さが劣るためあまりおすすめしません。

具体的には、以下の4つの要素があります。

●データが悪用される危険性
●サイバー攻撃やウイルス感染のリスク
●通信量に制限がある
●通信速度が遅い

中には本当に悪質な事業者もいるので、要注意!

「本当に危ないの?」と思う人もいるかもしれませんが、無料のVPNソフトが悪さをしていて警察が捜査に来たという口コミが投稿されていました。

 
また、ネットの快適さにおいても「最初から有料のVPNサービスを使っておけばよかった!」という声もあるので、安全で快適に利用するためにも有料のVPNサービスが安心です。

2.サーバー設置国(対応する国)

自分がアクセスしたい国に、サーバーが設置国されているか?も重要なポイント!なぜならVPNは、サーバーが設置されている国にしか接続できないからです。

日本のサイトにアクセスするなら、日本にサーバーがあるVPNを選ぶ必要がありますが、以下のようなケースもあるので注意しましょう。

●例:日本の動画視聴専用のVPN
⇒ 日本以外のサーバーに接続できないため、他の国のサイトにアクセスできない

3.通信速度(サーバー数・距離)

海外から日本のサイトを快適に見るためには通信速度も大切ですが、一般的にVPNの速度は、以下の2つことが関係していると言われています。

●サーバーの数
⇒接続できるサーバーが多いと、混雑時に他のサーバーに切り替えることができるので、混雑の影響を受けにくい

●物理的な距離
⇒サーバーとの物理的距離が遠いと遅くなる原因になることがあり、近い方が速度が速い

通信速度は、個人のネットの利用環境によっても変わるため、どの事業者が遅い・速いを比較するのは難しい部分もあるのですが、上記の2つの要素を目安にすることができます。

4.セキュリティの機能

VPNのセキュリティを見るときは、以下の3つをチェックしましょう。

AES-256が採用されているか?
最も安全性が高く、読み取られにくいとされる暗号方式のこと

ノーログポリシーか?
利用者の動きや接続を記録に残さないということ
⇒プライバシーが保護されるだけでなく、情報漏えいのリスクが低いというメリットがある

キルスイッチはあるか?
VPNが接続できなかったときに、ネット接続を遮断する機能のこと
⇒無防備な状態でネットに接続しないのでより安全

『AES-256』は、広く使われている暗号方式ですが、『ノーログポリシー』や『キルスイッチ』があるかどうかは、VPNによって変わります。

よりセキュリティを重視するなら、上記3つを採用しているVPNを選びましょう。

5.料金プラン

そして、料金プランも大切なポイント。

一般的には、契約期間が長くなるほど割安になっていき、月500円以下だとかなり安い方です。

【相場の目安】
●1ヶ月プラン:1,500円前後
●1年プラン:1,000円前後
●2年プラン:500円前後

基本的には、どのVPNでも『返金保証期間』や『無料お試し期間』があるので安心ですが、期間を過ぎると返金されないので注意しましょう。

6.同時接続台数

VPNを同時接続できるデバイスの数も、比較のポイントです。

1台しか接続できないサービスもあれば、無制限のサービスもあります。

例えば、海外のフリーWi-Fiを使うときにセキュリティ対策として、ノートパソコンとスマホを接続したい場合は、少なくとも2台以上同時接続できるVPNが便利ですし、海外赴任先で家族で利用する場合は、テレビ・スマホ・パソコンなどさらに必要かもしれません。

また、日本とアメリカなど違う場所にいる家族もそれぞれ使えたりするので、接続できる台数が多い方が嬉しい人は、契約前に必ずチェックしましょう。

\コスパ最強!口コミで話題!/
SurfsharkVPN!

【SurfsharkVPNが人気の理由】
1.世界100ヶ国で利用できる!
2.料金がとにかく安い!最安で$1.99USD/月~
3.同時接続台数が無制限!
4.プライバシー保護・安全性も高い◎
5.日本語対応も可能◎
▼30日間返金保証!最大82%オフ!▼

VPNで海外から日本のサイトにアクセスする方法と流れ

VPNを使って海外から日本のサイトにアクセスするには、3つのステップがあります。

ステップ1.VPNの申し込み
ステップ2.VPNアプリをダウンロード
ステップ3.日本のVPNサーバーに接続する

シンプルな流れですが、それぞれ簡単に確認していきましょう。

1.VPNの申し込み

まずは、気に入ったVPNに申し込みをします。

好きなプランを選んで、個人情報を入力していきましょう。

2.VPNアプリをダウンロード

続いて、デバイスに合ったVPNアプリのダウンロードをします。

※Fire TVやFire TV Stickは、ホーム画面からVPNを検索してインストールしましょう。

3.日本のVPNサーバーに接続する

アプリにサインインしたら、VPNロケーションに『日本』を選びます。

あとは、好きな日本のサイトにアクセスすればOKです!

海外から日本のサイトへのアクセスにおすすめのVPNと比較

海外から日本のサイトにアクセスするには、以下の6つのVPNがおすすめです!

●SurfsharkVPN
●MillenVPN
●NordVPN
●ExpressVPN
●CyberGhost
●スイカVPN

以下のような基本的な項目をチェックして、上記のVPNを選びました。

・運営元が信頼できるか
・料金プラン
・対応する国
・利用者の口コミ評価

それぞれの違いを表にまとめたので、参考にしてくださいね!

▼横にスクロールできます

 NordVPNExpressVPNSurfsharkVPNCyberGhostMillenVPNスイカVPN
本社パナマ共和国英領ヴァージン諸島オランダルーマニア日本日本
最安料金$3.8USD/月~
※2年
$8.32USD/月~
※1年
$2.19USD/月~
※2年
$2.11USD/月~
※2年
396円/月~
※2年
878円/月~
※2年
サーバー接続が
可能な国
61ヶ国
6,000台以上
105ヶ国
3,000台以上
100ヶ国
3,200以上
100ヶ国
11,000以上
50ヶ国
1,300台以上
25ヶ国
47台
接続台数6台8台無制限7台10台50台
日本語対応×
問い合わせ方法・24時間チャット
・メール
・24時間チャット
・メール
・24時間チャット
・メール
・24時間チャット
・メール
・メール・メール
セキュリティ・AES-256
・ノーログ
・キルスイッチ
・AES-256
・ノーログ
・キルスイッチ
・AES-256
・ノーログ
・キルスイッチ
・AES-256
・ノーログ
・キルスイッチ
・AES-256
・ノーログ
・キルスイッチ
・暗号記載なし
・ノーログ記載なし
・キルスイッチなし
特徴・強み業界最大手で
信頼度が高い
安定して速い通信に
定評がある
接続台数が無制限
なので大人数でもOK
サーバー数が多く
通信が安定しやすい
国産VPNの中でも安い特に中国での利用が
人気の国産VPN

通信速度は、利用環境や接続先の影響を受けることもあって比較が難しいので、無料お試し期間に使ってみて最終判断をするのがおすすめです。

それでは、それぞれのVPNのメリットを紹介していきます。

SurfsharkVPN

SurfsharkVPN
サーバー設置国100ヶ国
サーバー数3,200台以上
月額料金
スターター
1ヶ月プラン$15.45USD/月
1年プラン$2.79USD/月
2年プラン$2.19USD/月
セキュリティAES-256
ノーログポリシー
キルスイッチ
同時接続台数無制限
返金保証30日以内

SurfsharkVPNは、2018年に設立された比較的新しいVPNサービスです。私も利用しています!

業界の中でも料金がとにかく安く、同時接続台数が無制限であることから、『コスパの高さを求める人』『家族での利用を検討している人』におすすめします。

【おすすめポイント】
1.料金がとにかく安い!
2.対応する国の数が多い
3.接続台数が無制限!
4.30日間返金保証◎

利用者のレビューも良く、以下の口コミの方は4年位ずっと利用していて問題も感じたことがないそうですよ◎

接続台数が無制限で安いVPNを検討したい人は、SurfsharkVPNをチェックしてみてください。

\接続台数『無制限』!$1.99USD/月~コスパ最強!/
30日間返金保証◎

MillenVPN

MillenVPN
サーバー設置国50ヶ国
サーバー数1,300台以上
月額料金30日プラン1,738円
1年プラン594円/月
2年プラン396円/月
セキュリティAES-256
ノーログポリシー
キルスイッチ
同時接続台数10台
返金保証30日以内
※1年・2年プランのみ

MillenVPNは、日本の企業が運営する国産VPN

国産VPNの中では、サーバー数・対応する国が多く、価格も安い特徴があります。日本企業で安いVPNを探している人におすすめです。

【おすすめポイント】
1.安心と信頼の国産VPN◎
2.料金が安い!
3.30日間返金保証もある◎

これまで紹介したExpressVPNやNordVPNは、海外の企業なのでいざという時の対応に不安がある人には、より安心感があるでしょう。

また、料金設定が海外通貨ではなく、日本円という点も個人的にはポイントです。

\安心の日本企業!月額396円~!/

NordVPN

NordVPN
サーバー設置国61ヶ国
サーバー数6,000台以上
月額料金
スタンダード
1ヶ月プラン$12.99USD/月
1年プラン$4.99USD/月
※2年目以降は$8.29
2年プラン$3.39USD/月
※3年目以降は$8.29
セキュリティAES-256
ノーログポリシー
キルスイッチ
同時接続台数6台
返金保証30日以内

NordVPNは、業界最大手のVPNサービスでありながら、料金が安く、信頼性と安さを重視する人や初めてVPNを利用する人におすすめです。

【おすすめポイント】
1.料金が安い!2年プランは最大67%オフ!
2.30日間の返金保証◎
3.どこからでも安定して速い接続ができる
4.プランが豊富で自分に合ったプランを選べる
5.プライバシー保護やセキュリティも万全!

通信速度やセキュリティ・プライバシー保護も、全体的に優れているので、迷ったらNordVPNを選んでおけば間違いありません。

 
ただ、対応する国の数はExpressVPNに劣る注意点があります。

NordVPNで対応していない国のコンテンツを楽しみたい人は、ExpressVPNを検討しましょう。

\業界最大手!最大67%オフ!/
30日間返金保証◎

ExpressVPN

ExpressVPN
サーバー設置国105ヶ国
サーバー数3,000台以上
月額料金1ヶ月プラン$12.95USD/月
6ヶ月プラン$9.99USD/月
12ヶ月プラン$8.32USD/月
セキュリティAES-256
ノーログポリシー
キルスイッチ
同時接続台数8台
返金保証30日以内

『ExpressVPN』は、アプリダウンロード数が世界で5,000万以上の実績を誇る大手のVPNサービス。

運営元の安心感や口コミの良さや速度に定評があることから、『信頼を重視する人』『速度を重視する人』に特におすすめです!

【おすすめポイント】
1.世界105ヶ国で利用できる!
2.高速通信で快適!
3.プライバシー保護やセキュリティもバッチリ!
4.利用者の口コミ評価も高い◎
5.30日間の返金保証◎

色んなVPNを使った結果、ExpressVPNが1番快適!という人もいます。

以下のキャンペーンサイトからのお申し込みで、12ヶ月プランは+3ヶ月無料になります。ぜひ、検討してみてくださいね!

\特別価格!12ヶ月プランは+3ヶ月無料!!/
30日間返金保証◎

CyberGhost

CyberGhost
サーバー設置国100ヶ国
サーバー数11,000台以上
月額料金
スタンダード
1ヶ月プラン$12.99USD/月
1年プラン$6.99USD/月
2年プラン$2.11USD/月
セキュリティAES-256
ノーログポリシー
キルスイッチ
同時接続台数7台
返金保証45日以内

CyberGhostは、サーバー数が業界の中でも圧倒的に多く、料金も比較的安いことが特徴のVPN。

安さ・速度の安定性を求める人におすすめです。

【おすすめポイント】
1.料金が安い!最大83%オフ!(月額300円程度)
2.サーバー数が多いので速度が安定しやすい
3.返金保証期間が45日間と長め
4.セキュリティも安心!

速度は、つなぐサーバーによって遅い・速いあるようですが、返金保証期間が他社と比べて長いのでじっくり利用して決められます。

ただし、サポートのチャットは日本語に対応していないので、日本語を希望する人は、他のVPNをおすすめします。

\100カ国以上に接続!2年プランで2ヶ月無料!/
45日間返金保証◎

スイカVPN

スイカVPN
サーバー設置国25ヶ国
サーバー数47台
月額料金1ヶ月プラン1,097円/月
1年プラン938円/月
2年プラン878円/月
セキュリティAES-256-
※記載なし
ノーログポリシー-
※記載なし
キルスイッチなし
同時接続台数50台
無料キャンセル期間30日

スイカVPNも、日本企業のVPNサービス。

料金の安さやセキュリティの強さは、MillenVPNが優れています。しかし、接続台数が多い人や中国での利用を考えている人は、スイカVPNがおすすめです。

【おすすめポイント】
1.日本企業のVPN◎
2.同時接続数が多い(50台)
3.30日間返金保証もある◎

口コミを見ていると、特に中国で利用する人から人気があります。

どのプランを選んでも30日間は無料キャンセルができるので、安心して試してくださいね。

\ネット閲覧が厳しい中国でも人気!/

まとめ

海外から日本のサイトや動画配信サービスを見るには、VPNを利用しましょう。

無料のVPNは安全性に欠けるため、有料のVPNがおすすめです。

『ExpressVPN』や『NordVPN』は、業界の二大巨頭なので迷ったらどちらかを選べば間違いないありませんが、安さや日本企業のVPNを重視したい人は、『SurfsharkVPN』や『MillenVPN』『スイカVPN』を検討してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外在住
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました