一時帰国におすすめの保険を厳選!海外在住者のリアルな口コミも紹介

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外在住

「日本への一時帰国の保険はどうしてるの?」「一時帰国でおすすめの保険はどこ?」

こんな疑問はありませんか?

結論、『SafetyWing』か『Globe Partner』がおすすめです!

加入できるのであれば国民健康保険もおすすめですが、市町村によって受付状況が変わるので注意しましょう。

このページでは、海外在住者が日本に一時帰国するときにおすすめの保険と、他の人はどうしているか?の口コミをまとめています。

最後まで読めば、一時帰国での保険をどうするか?ベストな方法がわかります。ぜひ、参考にしてください。

一時帰国におすすめの保険

結論として、海外在住者の一時帰国の保険は、以下の3つがおすすめです!

●SafetyWing(セーフティウィング)
●GlobePartner(グローブパートナー)
●国民健康保険

それぞれのおすすめのメリット・注意点を見ていきましょう。

SafetyWing(セーフティウィング)

SafetyWingの『Nomad Insurance』が一時帰国にはおすすめです!

もともとノマドのためにつくれた保険で柔軟性が高く、料金が安い点が嬉しいところ。

【メリット】
■保険料が安い
■医療だけでなく、旅の補償も充実◎
■出国したあとも加入できる
■4週間単位のサブスクも可能!
■解約・停止も簡単◎
■大人1人につき、10歳以下の子供1人が無料になる
■持病もカバーされる可能性がある

【注意点】
■キャッシュレスに対応していない
■携行品の補償はない
■保険金の受け取りに海外送金手数料が発生する可能性がある

SafetyWingは、海外旅行保険では珍しく、持病もカバーしてもらえる可能性があります。詳細は、申込に問い合わせが必要です。

保険加入期間は、特定の日程で加入することもできますし、4週間ごとのサブスク契約も可能です。ぜひ以下のカリキュレーターで試算してみてください。

ただ、海外の保険のなので、保険金の受取口座によっては海外送金手数料がかかることがあります。その場合は、海外送金がお得な『Wise』でおすすめです!

wiseのマルチカレンシー口座を保険金受取口座として伝え、海外送金すると手数料がお得になります。

母国の設定に注意すること!

SafetyWingに申込する際は、母国を海外の居住国を設定するようにしてください。

過去にSafetyWingに海外在住者の一時帰国に『Nomad Insurance』を契約できるか?尋ねたところ、以下の回答をもらいました。

Nomad Insurance is for coverage outside of your home country.

For the Nomad Insurance policy, the term home country is defined as follows:
-Where someone principally resides and receives regular mail
-Where they would return once done traveling
-Where they would want to be returned in case of trip interruption or repatriation
-What country best fits this definition is up to you, but please note that once you choose your home country for an active policy, it is not easy to change.

ざっくり日本語にすると、以下の通りです。

【日本語訳】
SafetyWingのNomad Insuranceは、母国以外が対象の保険です。

母国の定義は以下の通り。

-主に居住し、定期郵便を受け取る場所
-旅行が終わったら帰る場所
-旅行の中断、本国送還のときに帰国を希望する場所

一度選んだ母国を変えるのは簡単ではないので、注意してください。

ノマドワーカーなど海外を転々とする方は、日本が母国でOKです。ただし、一時帰国の保険がカバーされるのは、3ヶ月ごとに最大30日まで。一時帰国の前に、3ヶ月はSafetyWingを利用していることが条件になるので注意してくださいね。

\安いだけじゃない!契約・解約がフレキシブル!/

Globe Partner(グローブパートナー)

Globe Partner(グローブパートナー)は、フランスに本社がある総合保険代理店『ASSETS(アセット)』の海外旅行保険。

いざという時に本当に必要な補償を手厚くし、あまり必要のない補償を削っているため、保険料が安いことが特徴です。

【メリット】
■保険料が安い!
■補償も充実◎

【注意点】
■出発前に加入すること
■契約期間は最大2ヶ月(1ヶ月の契約を連続して2契約すること)
■キャッシュレス対応は入院時だけ!
■携行品の補償はない
■41歳以上は、『Globe Traveller(グローブトラベラー)』がおすすめ

Globe Partnerは、普通の海外旅行であれば出国後も申し込みできるのですが、一時帰国では出国前に加入する必要があります。

また、Globe Partnerの申し込み対象は40歳以下なので、41歳以上にはGlobe Travellerをおすすめします。

Globe Travellerは、Globe Partnerにない『飛行機の遅延』があったり、『リスキーなスポーツ』『スポーツ用品』の補償をカスタマイズすることもできます。

そして、SafetyWingと同様、海外の保険会社なので保険金受取時に海外送金手数料がかかるケースがあります。その場合も『Wise』のマルチカレンシー口座と海外送金がおすすめです。

国民健康保険

国民健康保険を利用するには、市町村によって加入できるかどうかが変わるのですが、もし、加入できる場合は、国民健康保険をおすすめします。

理由は、海外旅行保険だと持病がカバーされないことが多かったり、補償に制限があるからです。また、保険金の請求に手間もかかります。

まずは、それぞれの市町村に一時帰国でも国民健康保険に入れるかを相談してみましょう。

一時帰国の保険はどうする?海外在住者のリアルな口コミ

海外在住者の皆さんはどうしているのか?気になる人も多いと思うので、口コミを紹介していきます。

調べた結果、海外在住者たちの口コミには、一時帰国の保険は主に3つのパターンがありました。

1.国民健康保険への加入
2.海外旅行保険への加入
3.無保険
その他

それでは、順にチェックしていきましょう。

1.国民健康保険への加入

国民健康保険に加入するという人が結構多かったです。

役所に行くと、費用を算出してくれたり、その場で保険証の発行もしてくれます。

 
海外赴任の場合は、日本での保険を維持している会社もあるようです。

どうだったかな?という人は、会社に確認してみましょう。

市町村によっては加入できないこともある

「国民健康保険に加入できなかった」という口コミもありました。

市町村によっては、定住する予定の人でないと住民票を置くことができず、滞在中の医療費は全額負担するように言われます。その場合は、SafetyWingやGlobe Partnerを検討しましょう。

マイナンバーと国保は紐づけないこと!

海外在住者の間で話題になっていたのが、マイナンバーを国民健康保険として利用するになったらどうしたら良いのか?ということです。

2023年12月時点では、マイナンバーと国民健康保険は紐づけないようにと言われたという人がいました。

今後どうなるのか?情報が分かり次第更新していきますが、上記を参考にしてください。

2.海外旅行保険への加入

海外旅行保険に加入するという人も多かったです。

保険によっては母国は対象外になることもあるので、対象かどうかをよく確認しましょう。

3.無保険

無保険という人もチラホラいました。

 
海外で保険を使って病院に行くよりも、日本で全額負担した方が安いという口コミもありました。

実際、日本に住む米軍の知り合いが基地の中の眼科に行ったけど症状が改善せず、全額負担で日本の眼科行ったけど安かったという話を聞いたことがありますが、個人的には保険の加入をおすすめします。

その他参考に

その他、参考になりそうな口コミがあったので紹介します。

フランスの健康保険は一時帰国もカバーされる可能性がある

フランスの健康保険は、一時帰国の医療費もカバーされるそうです。

他の国に住んでいる方も、一時帰国中もカバーされるのか?念のため事前に確認すると良いかもしれません。

実際に利用した方によると、カバーされるには一定の基準があるようなので、チェックしておきましょう。

現地のクレカ付帯の保険は出身国は一部対象外になることも

現地のクレジットカード付帯の海外旅行保険では、出身国はカバーされないケースもあるようです。

細かく確認しないと分からないことだと思うので、クレジットカードの保険会社に問い合わせることをおすすめします。

まとめ

海外在住者の一時帰国におすすめの保険は、『SafetyWing』か『Globe Partner』もしくは『Globe Traveller』がおすすめです!

ただし、国民健康保険に加入できる市町村であれば、国保をおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外在住
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました