マルタ留学が意味ない理由は?リアルな口コミからわかるメリット・デメリットを解説!

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
ワーホリ・留学

「マルタ留学の費用は?」

「意味ないっていう口コミもあるけどどうなの?」

マルタ留学を検討していると、経験者のリアルな評判や口コミが気になりますよね?

結論からいうと、マルタ留学は、観光などの遊びも楽しみたい人には超おすすめです!

ただ、あらかじめ知っておくべき注意点もいくつか判明しました。

最後までよめば、マルタ留学があなたに向いているのか?楽しむことができるか?がわかるので、ぜひ参考にしてください!

結論│マルタ留学がおすすめの人

まずは、マルタの基本情報から。


 基本情報
マルタ共和国
首都ヴァレッタ
公用語マルタ語
英語
通貨ユーロ
日本との時差-8時間
※サマータイムは
-7時間

マルタ共和国は、東京23区の半分ほど、沖縄本島の3分の1ほどしかない小さな国。

『マルタ島』『コゾ島』『コミノ島』という3つの有人島と、2つの無人島からなっており、南ヨーロッパの地中海に浮かぶリゾート地です。

そんなマルタでの留学がおすすめの人は、次のような人。

【おすすめの人】
■英語の勉強だけでなく、観光や遊びも楽しみたい
■治安の良さを重視している
■短期留学を検討している

欧米の中でも学費が安いものの、英語に特有の訛りがあることやバイトをするにはハードルが高いので、十分な資金の準備が必要などの注意点も見つかりました。

それでは、マルタ留学のメリットと注意点を詳しく解説していきます!

\口コミで人気!満足度99.2%!/

マルタ留学の口コミからわかる2つのメリット

マルタ留学のメリットは、以下の通りです。

1.超魅力的な環境
2.欧米の中では学費が安い

細かく言うと、たくさんのメリットがありますが、ざっくりいうと上記の2つです。

それでは、口コミを見ながら詳しく確認してきましょう。

1.超魅力的な環境

マルタ留学の大きな魅力は、『環境』です!具体的には、以下のような点。

■街全体が世界遺産!美しい街並みときれいな海
■治安が良い
■温暖な気候で過ごしやすい
■ヨーロッパ旅行に行きやすい

それぞれの魅力を詳しく見ていきましょう。

街全体が世界遺産!美しい街並みときれいな海

マルタの首都『バレッタ』は、街全体が世界遺産に登録されるほど、歴史的建造物が多く存在しています。

歴史あるヨーロッパの街並みやレトロな雰囲気が美しいと、とっても人気です。

また、リゾート地なので海も絶景です!SNSの画像を見ても、本当にきれいですよね!

私も歴史的な建物も海も好きなので、マルタも良いなぁと思っていました。色々考えて末にカナダにしたのですが、詳しい理由を知りたい人は、あとの章をごらんください!

治安が良い

マルタは治安が良いという口コミが多くあります!

小さな島ならではの特徴かもしれませんね。

上記以外にもたくさんの人が『治安が良い』と言っています。フィリピン留学も人気ですが、「治安が…」という不安の声も多いです。比較的治安が良いエリアもありますが、安心して留学したい人や観光も安心して楽しみたい人は、マルタ留学の方がおすすめです。

落とした財布が返ってきた人も◎

中には、落とした財布が返ってきたという人までいました!

 
世界的にみると、かなり珍しいですよね!こんなに治安が良いとはびっくりです。

このマルタの『人の良さ』も魅力の1つでしょう。

温暖な気候で過ごしやすい

上の画像の通り、マルタは『地中海性気候』といって、夏は高温で乾燥し、冬は降水量が多くなるものの10℃以下にならない特徴があります。

簡単に言うと、日本のようなじめじめとした暑さがなく、冬も温暖なので過ごしやすい気候なんです。

そのため、以下の口コミのように「気候も良かった!」という人も結構います。

気軽にヨーロッパ旅行ができる!

マルタ留学で多い口コミが「ヨーロッパ旅行に行きやすい」というメリット。

 
気軽にヨーロッパ旅行に行けるのは、距離的な問題だけでなく、以下の理由があるから。

■LCCで格安で旅行できる!
■『シェンゲン協定』の加盟国なら入国審査も不要!
■マルタの通貨は『ユーロ』なので、両替も不要!

週末の国内旅行みたいな感覚でヨーロッパに行けちゃいます◎

カナダからアメリカに行ったり、オーストラリアからニュージーランドに行くときは、近くても入国審査や両替で時間がかかったり、余ったお金どうしようかなー?とかありますが、マルタからヨーロッパ旅行は簡単で良いですよね!

カナダのワーホリで出会った人の中には、「アメリカに近くて帰りに行きやすいから」という理由でカナダを選ぶ人もいたので、個人的にはヨーロッパに憧れがある人にもマルタ留学はおすすめです。

ヨーロッパからの留学生も多い

マルタからヨーロッパに行く人もいれば、ヨーロッパからマルタに来る人もいます。

そのため、英語を学びにくるヨーロピアンも多いです。語学学校でアジア人ばかりの環境はあんまり…という人は、マルタを検討してはいかがでしょうか?

ただし、小さいな島国なので飽きる人もいる

マルタは一年を通してイベントが多いと言われており、積極的にイベントに参加したり「飽きない」人もいますが、「飽きる」という口コミにチラホラとありました。

マルタ留学の目的や好みによって、個人差はあると思います。

「そもそも英語を勉強しに来るのに何で飽きるんだ?」という意見もありますが、観光がメインの目的だと早めに見尽くしてしまうかもしれないですね。

ちなみに、オーストラリアでも日本の風邪薬が効かないという人も数人いたので、できるだけ病院で薬を処方してもらいましょう。

海外旅行保険付き
\口コミ評価が高い!クレカ!/

エポスカード

【 エポスカードが人気の理由 】
1.年会費無料!
2.海外旅行保険の付帯条件が簡単!

(出発後でもOK)
3.補償がトップクラスの充実度◎
(キャッシュレスで診察・治療が可能)
4.招待で永年無料のエポスゴールドが最高にお得!
(ポイント還元率・海外保険の補償がアップ, 空港ラウンジなど)

▼2000ポイントプレゼント中!▼

2.欧米の中では学費が安い

マルタ留学は、欧米と比較すると学費が安いこともメリットの1つです。

以下のように「安い」という口コミは本当に多くあります。

 
では、具体的にいくらなのか?試算してみました!

1ヶ月の費用は?

イギリスは高いことで知られているので、今回はカナダの学費と比較しました。

できるだけ同じ条件にするため、『インターナショナルハウス』という世界50か国にある語学学校のマルタ校とバンクーバー校で比較。料金は、留学エージェント『スクールウィズ』を参考にしています。

ごらんの通り、2倍はいかないけど1.5倍以上の差があります。

マルタ留学の学費は、1ヶ月だいたい10万円以下くらい。カナダの学費よりも5~6万円ほどが安いですね!

学費レッスン数マルタ留学
※€1=¥130
カナダ留学
※CA$1=¥100
1週間
あたり
20コマ€140
≒1.8万円
CA$330
≒3.3万円
30コマ€200
≒2.6万円
CA$380
≒3.8万円
4週間
(1ヶ月)
20コマ€560
≒7.3万円
CA$1,320
≒13.2万円
30コマ€800
≒10.4万円
CA$1,520
≒15.2万円

レートはざっくりとした平均位で試算したので、あくまで目安としてください。

そして、気になるのは『生活費』や『トータルの料金』でしょう。口コミをもとにチェックしていきます。

生活費の目安は?

色んな口コミを見ると、1ヶ月の生活費はだいたい5万~7万が多かったです。

また、1ヶ月のトータルの目安は、およそ30万円~です!

【マルタ留学の1ヶ月の費用内訳】
■生活費:5万~8万円前後
■海外旅行保険:2万円/月前後
■往復の航空券:12~20万円前後
■語学学校:10万円/月前後
※ビザは、3ヶ月以上で必要(€70≒1万前後)

4ヶ月留学する人で、約100万円くらいだったそうです。

 
ただし、レート次第では高くなることもあるので注意してください。

世界情勢によっては高くなることも

注意したいのは、レート!

例えば、コロナ前後では20円~30円以上も違います。

【例】
■2019年:1€=120円前後
■2023年:1€=140円・150円台

過去にマルタ留学をして、再度マルタ留学を検討した人によると、授業料や宿泊費も値上げもあったりで「20万円も費用が高くなった!」ということも判明しています。

 
「マルタ留学は安い」という口コミは多いのですが、レートによって高い可能性もあるので注意しましょう。

物価も同様

マルタは、他のヨーロッパ諸国と比べて、物価が安いと言われています。

ただ、レートが高いときは物価も高くなっているので、注意してください。

マルタ留学の口コミからわかる3つのデメリット・注意点

マルタ留学を決めるときに注意したいのが、以下の3つです。

1.英語は公用語だけどマルタ訛りが強め
2.留学前にできるだけ資金を用意しておくこと
3.日本からの直行便はない

1.英語は公用語だけどマルタ訛りが強め

マルタでは、英語はあくまで公用語。人口のほとんどは、マルタ語が第一言語です。

そのため、現地の人が話す英語には、訛り・アクセントがあります。

では、どのくらいの訛りなのか?口コミをチェックしたところ、かなり強めです。旅行者の中には、全然聞き取れないという人もいます。

ただ、「慣れれば問題ない」という人もいます。

上記の口コミでは、マルタ訛りの英語になる人が多いとのことですが、「短期間で訛りはつかない」という意見もあります。

そもそもジャパニーズ英語のアクセントがある人が大半なので、訛りが身につくかどうかは、個人的にはそんなに気にしなくても良いかなと思います。

マルタ語・英語・イタリア語で混乱するという人も…

マルタ英語は、イタリア語ぽい訛りですが、イタリア語を話せる人も多くいます。

色んな言語があって混乱するという意見もありました。↓

 
多国籍国家ならではの特徴で個人的には楽しそうな気もしますが、英語だけに集中したいという人にとっては、好ましくない環境かもしれません。

「本気で英語を勉強したい!」という人は、渡航先を改めて検討することもおすすめします。

語学留学の意味あるのか?失敗しない?

中には、語学留学の意味あるの?失敗するんじゃないか?という疑問を抱く人もいるかもしれません。

実は英語を母国語とする人の割合は、全世界の人口のたった5%しかいないと言われています。(参考:東洋経済オンライン)

つまり、ほとんど人は第二言語だったり、公用語として英語を学んでいるんです。

そのため、一口に英語といっても様々なアクセントの英語があるので、「色んな国のアクセントに慣れたい」という理由でマルタ留学を決める人もいます。

上記の人は、かなりグローバルな考え方ですよね!「自分はそこまでは…」という人は、まだフィリピンの方が学びやすいかもしれません。

2.留学前にできるだけ資金を用意しておくこと

マルタ留学では、できるだけ資金を用意しておくことをおすすめします!

理由は以下の2つ!

■留学中のバイトの許可のハードルが高い
■しかも時給は低め(€5が目安)

まずは、バイトをする場合に必要な『就労許可』から見ていきましょう。

就労許可の条件

3ヶ月以上滞在する場合、就労許可があれば3ヶ月目以降から働くことができます。

■学生ビザで90日以上の滞在すること
■週15時間以上、学校に通っていること
■バイトできるのは入国から90日を超えてから
■働けるのは週20時間まで
■就労許可の申請が必要
■申請料は€230(≒3万円)

3ヶ月より短期留学の人は働けないので、しっかりお金を貯めてきましょう。

マルタの時給

マルタの時給は、€5が目安。€1=130円だったら、時給650円くらい。

働けるまでのハードルも高いし、時給が低いからバイトはしない選択をする人も少なくありません。

他の口コミをみると、金欠でバイトを検討する人もいました。

ただ、週20時間マックスで働いたら、€400くらい≒5万円くらいにはなりますが、口コミの生活費平均は5~7万くらいなのでカツカツになる可能性もあります。

マルタ留学が安めでも、多めに資金を貯めておきましょう。

留学前にピッタリ!利用者人気も◎
\英会話レッスン受け放題!/

リゾートバイト『ダイブ』

ワーホリ・留学の資金作りは、『リゾバ』が1番おすすめです!
家賃や食費など『固定費のほとんどを負担してらもえる』ため、収入のほとんどを貯金できるから◎

【 ダイブが人気の理由 】
1.20年間25万人の実績!
2.無料で英会話レッスンが受け放題!
3.往復の交通費支給!
4.業界の中でも職種も豊富!
5.サポートも充実!親切な対応◎
6.その他、お友達紹介キャンペーンなども


収入の目安は、3ヶ月で50万円前後◎

『アルファリゾート』も、『ダイブ』と同じオンライン英会話が受け放題なので、両方登録して、仕事内容や条件によって使い分けるのがおすすめです!

\求人のチェックはこちら!/

3.日本からの直行便はない

日本からマルタへは直行便がないため、必ず乗り継ぎが必要です。

最短でも15時間くらいはかかるので、長時間の移動がしんどい…という意見もあります。

また、乗り継ぎする国によっては、コロナ対策でワクチン接種証明やPCR陰性証明がないと搭乗ができないケースもあるようなので注意してください。

その他のマルタ留学の口コミ・評判

その他、マルタ留学に役立つ口コミ・評判を集めました。

ぜひ、参考にしてください!

楽しすぎる!

マルタだけでなく、どこの国に留学しても注意点・デメリットもあります。

ただ、マルタの場合、他の国に行って「マルタが楽しすぎた!」という人がたくさんいました◎

マルタ留学に行ってマルタが大好きになる人が本当に多く、「また行きたい」という口コミも多かったです。

何度も行きたいと思える国との出会い・経験は、素晴らしいですよね!マルタ留学が気になっている人には、ぜひおすすめです◎

移動手段

基本的に、移動手段はバス。観光にも便利です◎

色んな人の口コミをみると、

■人がたくさん乗ってると、止まってくれないことがある
■時間通りに来ない

などの情報もありました。(ちなみにカナダでもそうでした)

優しい国民性

「マルタの人は優しい」という口コミがたくさんありました◎

こういった口コミをみると、安心ですよね!

みんなの思うマルタのデメリットは?

その他、デメリットだと思うところも紹介します!

個人的には面白い経験だと思いますが、受け入れられるかどうか?チェックしてみてください。

砂がひどいときは、コインランドリーの乾燥機を使ったり、部屋干しの方がよさそうですね。

日本人が少ないと聞いていたけど多い!

日本人が少ないと聞いていたけど、実際は多いという口コミが多いです。

マルタ留学する人口は他の国と比べると少ないのかもしれませんが、人口密度は高いのかもしれませんね。

日本人がいた方が安心という声もありますが、英語を学ぶ時には、英語をたくさんしゃべる方が身につきやすいのも事実。

英語でコミュニケーションを取れるようになることを目標とするなら、上記のように工夫する努力をおすすめします。

マルタ留学とフィリピン・セブ島留学、どっちがいい?

口コミを見ていると、マルタ留学とフィリピン留学で悩む人も多かったです。

結論からいうと、英語を伸ばすことを重視するならフィリピン留学、観光も楽しみたいならマルタ留学がピッタリです!

マルタ留学の授業時間は、1日4~6時間ですが、フィリピン留学は1日8時間前後。スパルタ校なら12時間くらいで平日は外出禁止。

どちらも学費が安いと言われますが、英語に対する熱量がかなり違います。

両方短期留学を経験した人も、以下のように言っています。

 
どのくらいの語学力を求めるのか?どんな環境が学びやすいのか?などを自分の中で考えてみましょう。

マルタ留学でおすすめエージェント【4選】

マルタ留学でおすすめのエージェントを4つピックアップしました!

■留学情報館
■スクールウィズ
■マルタ留学メイト
■マルタスタディ

カウンセリングは無料なので、色々と話を聞いたり、見積もりをもらって、検討してみてください。

留学情報館

留学情報館は、2005年にロサンゼルスで誕生した、留学総合エージェント。

「対応が丁寧!」という口コミがエージェントの中でも特に多く、信頼できることが、1番のおすすめの理由です◎

【メリット】
■利用者の評判・口コミがかなり良い◎
■サポートがかなり充実◎
■国内オフィスでカウンセリングしてもらえる!
■オンラインカウンセリングなら現地学校スタッフとの三者通話も可能!
■無料の英会話レッスンもある!

マルタ留学以外にも多くの国をサポートしているので、ワーホリや2か国留学を検討中の人にもおすすめです!

もちろん、無料カウンセリングもあるので、ぜひ問い合わせしてみてください。

\口コミで人気!満足度99.2%!/

スクールウィズ

スクールウィズも、海外留学の総合エージェント!

マルタだけでなく、色んな国の留学やワーホリのサポートもしています。

【メリット】
■手数料0円!最低価格保証!
■英語学習サポート付き!
■HPの語学学校・留学の情報量が最大級!
■フィリピンの提携校も多い◎

ホームページには、語学学校や利用者の口コミ・授業料など、情報量が豊富でわかりやすいので、ぜひ参考にしてください。

見るだけでも楽しくなると思いますよ^^

無料で個別相談できるので、お気軽にどうぞ!

\日本最大級の語学学校・留学情報を掲載中!/

マルタ留学メイト

マルタ留学メイトは、マルタ留学専門の留学エージェント。

カウンセリングしてくれるのは、マルタ留学の経験者という点も安心感があります◎

【メリット】
■サポート手数料無料!
■渡航前の無料オンライン英会話付き!
■カウンセラーはマルタ留学経験者◎
■マルタ以外にも2ヶ国留学やワーホリの相談も可能!

マルタへのリアルな留学経験を聞きたい人は、ぜひマルタ留学メイトの無料カウンセリングを受けてみてください。

マルタスタディ

マルタスタディもマルタ専門の留学エージェントです。

スタッフにマルタ人がいる珍しいエージェント!また、現地にもオフィスがあるので心強いですね◎

【メリット】
■サポート手数料無料!(プランによっては有料)
■マルタ現地にオフィスがある!
■マルタ人スタッフがいる!
■マルタ以外にも2ヶ国留学やワーホリの相談も可能!

語学学校の情報など、留学の詳細はカウンセリングで聞いてくださいね!

まとめ

マルタ留学は、超魅力的な環境です!

観光や遊びも楽しみつつ留学したい人には最適ですが、その反面、遊びすぎてしまう人もいます。

また、費用は安いとはいえ、就労許可を取るには条件があるので、できるだけ資金は用意することをおすすめします!

フィリピン留学と迷っている人やワーホリも検討している人は、ぜひ、他の記事も参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
ワーホリ・留学
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました