Revolutで日本から海外に送金する方法を徹底解説!確認すべき注意点も

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外旅行

「Revolutの使い方は?両替方法は?」「海外送金の手順を詳しく知りたい」など、Revolutの具体的な使い方や手順について探していませんか?

このページでは、以下の順にRevolutの利用方法を解説していきます。

●Revolutで海外送金する前に確認しておきたい注意点
●Revolutの海外送金受け取りまでの手順

最後まで読めば、利用方法と流れが分かり、安心してRevolutを使うことができますよ◎

Revolutで海外送金する前に確認しておきたい注意点

Revolutで海外送金する前に、気をつけたい注意点がいくつかあるので、まずはチェックしましょう!

1.チャージは銀行振込ですること
2.両替手数料無料なのは75万円まで
3.海外送金できるのは100万円まで
4.週末は手数料がかかる
5.100万円以上を30日保持していると凍結に
その他

1.チャージは銀行振込ですること

チャージするときは『銀行振込』にしましょう。

チャージ方法は、『銀行振込』『クレジットカード』『デビット』『プリペイド』の4つの方法がありますが、2024年2月26日以降は、送金やATM引き出しなど資金の移動ができるのは、『銀行振込』のみだからです。

 手数料ATM出金
・送金
銀行振込無料
※銀行側の手数料は別途発生
デビットカードVISA無料
※2/26以降不可
Mastercard1.7%
※2/26以降不可
クレジットカードVISA1.7%×
Mastercard1.7%×
プリペイドカードVISA1.7%×
Mastercard1.7%×

それ以前は、デビットカードでも資金の移動は可能ですが、チャージ手数料が無料なのは、VISAのデビットカードだけ。Mastercardのデビットカードは、クレジットカードと同じく1.7%の手数料がかかります。JCBやアメックスは対応していないので注意しましょう。

また、チャージできる金額は、最大100万円まで。

100万円を超えると、組戻し(資金返却)になります。その際、各銀行で手数料がかかってしまうので、注意しましょう。

2.両替手数料無料なのは75万円まで

無料のスタンダード会員の場合、両替手数料が無料なのは75万円/月まで。

75万円を超えると、両替金額の0.5%が手数料として発生するので注意しましょう。

3.海外送金できるのは100万円まで

また、海外送金できる金額は、100万円が上限になります。

この場合も、100万円を超えると、組戻し(資金返却)になります。

4.週末は手数料がかかる

Revolutの両替手数料が無料なのは、平日です!

ニューヨーク時間の金曜日17:00~日曜日18:00は、プランまたはご利用の頻度に応じて1%または1.5%の為替手数料が発生します。

5.100万円以上は長期間保持できない

アカウントに100万円以上の資金を長期間保持することはできません。

Revolutの方から連絡が来るようですが、できるだけ残高に注意しましょう。

一時的に100万円を超えてしまった場合は、Revolutカードで支払いをするか、送金、出金を早めにすることをおすすめします。

その他

その他、知っておくといい注意点が以下の2つになります。

●レート差で増加した金額は送金できない
●中継銀行で手数料が発生する可能性もある

それぞれチェックします。

レート差で増加した金額は送金できない

Revolutで両替するときの為替レートは、リアルタイムで変動しています。

そのため、レートが上がったタイミングで両替したくなりますが、Revolutでは為替レートの変動によって増加した残高は送金・出金することはできません。

Revolutでは為替差目的の利用は、規約違反になっているので覚えておきましょう。

中継銀行で手数料が発生する可能性もある

海外送金で中継銀行を経由する場合に、手数料が発生する可能性があるという記述があります。

私が口コミを見る限り、実際には中継手数料がかかったという人は見かけませんでしたが、可能性として頭の片隅に入れておきましょう。

▼より詳しく知りたい方は、以下の別記事も参考にどうぞ。

Revolutの海外送金受け取りまでの手順

すでに、Revolutのアカウント登録を終えている前提で話を進めると、海外送金受け取りまでは、以下の3つのステップになります。

【ステップ】
1.チャージ(入金)する
2.外貨に両替する
3.海外口座に送金する

アカウント登録時に提出する免許証やマイナンバーの本人確認完了まで、1日~3日ほどかかります。

送金から受け取りまでは1日~5日ほどなので、登録から送金完了までは、早くても2・3日は見ておきましょう。

1.Revolutのチャージ(入金)方法

アカウントへの入金の手順を見ていきましょう。

慣れてしまえば簡単です◎

①アプリ内の『チャージする』をタップ

Revolutのアプリを開いて『チャージする』をタップします。

②金額を入力する

好きな金額を入力します。チャージ後はすぐに反映されますよ◎

カードの登録がなければ、『新しいカードを登録』をタップし、カード情報を入力しましょう。

送金したり、ATMから引き出しするのであれば、銀行振込でチャージする必要があります!

Revolutはクレジットカードやデビットカード・プリペイドカードから入金したお金は、支払いにしか使えないので注意ましょう。

2.外貨に両替する

チャージした日本円を外貨に両替します。

それではステップを見ていきましょう。

①アプリ内の『両替』をタップ

revolut

出典:Revolut


ホーム画面の『両替』をタップします。

②両替金額を入力する

すると以下の画面になります。

両替したい通貨をプルダウンから選び、金額も入力します。

日本円→両替したい通貨に矢印の向きがなっているか?も確認しましょう。

revolut

出典:Revolut

リアルタイムで為替レートは変わっていくので、金額も確認してくださいね。

右上の『成り行き注文』のままでOKなので、すべて確認したら『売却』ボタンをタップします。

③両替完了

revolut

出典:Revolut

両替できると上記のような詳細が表示されます。

3.海外送金する

今度は両替した外貨を海外口座に送金します。

①アプリ内の『送金』をタップ

revolut

出典:Revolut

アプリの下の方にある『送金』をタップします。

②『新規』をタップ

revolut

出典:Revolut

右上にある『新規』をタップします。

③『送金先口座情報』を入力

revolut

出典:Revolut

『送金先口座情報』をタップします。

revolut

出典:Revolut

送金先銀行の国・通貨をプルダウンから選び、口座情報を入力します。

④送金額を入力する

revolut

出典:Revolut

いくら送金するか?入力して、『続行』をタップ。

※Revolutでは為替レートの変動によって増加した残高は送金することはできません。送金する際にエラーになった場合は、送金額を減らしてみてください。

⑤支払い理由を選ぶ

revolut

出典:Revolut

支払い理由をプルダウンから選びます。

自分の口座に送金するだけならtransferでOK!

⑥送金内容の確認をする

受取人や口座番号・金額などの確認画面をチェックします。

revolut

出典:Revolut

その後、SMSでコードが送られてくるので、確認して入力します。

送金ができると、SMSに完了のお知らせがきます。

⑦着金

私は翌日には着金していましたが、最大1週間ほどを見込んでおきましょう。

もし遅い場合には、サポートに連絡して状況を確認してみてください。

おまけ:Revolutで海外送金できないときは何を確認する?

Revolutで海外送金できないときは、以下を確認しましょう!

■クレジットカードやプリペイドカードで入金していないか?
■金額が100万円を超えていないか?
■為替レートの変動によって、残高が増加している可能性
┗両替の全額ではなく少し減らして送金してみる
例:残高がUS$2001.20だった場合⇒ US$2000に変える

もしも、わからないときは、チャットサポートに聞いてみるのも1つの手です!

ぜひ参考にしてくださいね!

まとめ

Revolutの海外送金の手順を紹介してきましたが、いかがでしょうか?

最初はドキドキしたりしますが、1つ1つは簡単な手続きです。

ただ、Revolutは使い方に注意点も多いので、チャージ方法や送金のタイミングなど気をつけてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外旅行
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました