楽天プレミアムカードの海外旅行保険は自動付帯!家族カードや口コミも解説

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
海外旅行

「楽天プレミアムカードの海外旅行保険は自動付帯?利用付帯?」

「家族も補償対象なの?」

など、楽天プレミアムカードの海外旅行保険について気になる疑問はありませんか?

結論、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、自動付帯で補償も充実しています。

さらに、年会費550円の家族カードを発行すれば、家族も自動付帯で同じ補償が受けられるためおすすめです!

このページでは、楽天プレミアムカードの海外旅行保険について以下の内容を解説しています。

■楽天プレミアムカードの海外旅行保険が評判が良い4つのメリット
■楽天プレミアムカードの海外旅行保険の2つの注意点
■実際に楽天プレミアムカードの海外旅行保険を使った人の口コミ

最後まで読めば、楽天プレミアムカードの海外旅行保険があなたにとって必要なのかがわかります。

ぜひ、参考にしてください。

楽天プレミアムカードの基本情報

『楽天プレミアムカード』は、楽天カードが発行するクレジットカードの中でも、ワンランク上のカードです。

 楽天プレミアムカード
年会費11,000円
国際ブランドVISA
Master
JCB
AMEX
利用可能枠最高300万円
付帯保険海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
動産総合保険最高300万円
セキュリティ対策
利用通知
不正検知
本人認証
カード盗難保険
申込対象20歳以上
※学生/海外在住者は対象外

招待制の楽天ブラックカードを除いた3つの楽天カードの中でもっとも年会費が高いものの、特典も豪華です。

・楽天カード:無料
・楽天ゴールドカード:2,200円/年
・楽天プレミアムカード:11,000円/年

もちろん海外旅行保険においても楽天プレミアムカードは、上記の中で1番補償が充実しています。

それでは、詳しくメリット・注意点を利用者の口コミを交えながら見ていきます。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険が評判が良い4つのメリット

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、口コミでも高く評価されています。

その理由は次の4つのメリットがあるからです。

1.条件なしの自動付帯
2.キャッシュレスで診察・治療できる!
3.補償が手厚い
4.家族カード発行で家族も海外旅行保険が自動付帯になる!

これから詳しく解説していきますが、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は充実しています。

業界全体でみれば同じくらい充実しているクレジットカードは他にもあるのですが、おすすめの理由は、海外旅行保険以外にも海外旅行に便利な特典が多いことです。

海外旅行保険を1回でも利用すればお得になる可能性もありますが、実際に使う機会がなくても年会費以上にお得になる人が多いことから評判も良く、改悪があっても「十分お得」という口コミも多数ありました。

それぞれのメリットを詳しく確認していきましょう。

1.条件なしの自動付帯

楽天プレミアムカードは、持っているだけで海外旅行保険が自動付帯することが1つめのメリットです。

最近では、海外旅行保険が自動付帯だったクレジットカードの多くが利用付帯になったため、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードは限れます。

楽天カードや楽天ゴールドカードも、『募集型企画旅行』と言って旅行会社が企画するパックツアーをそれぞれのカードで支払いしないと海外旅行保険は付帯しません。

そんな中でも楽天プレミアムカードは、特別な条件なしで海外旅行保険が利用できるため、海外旅行に便利な1枚です。

補償期間

補償期間は、出国日前日から最大3ヶ月になります。

クレジットカードの海外旅行保険の中には、補償期間が最大1ヶ月だけのケースもあるため、海外に長期滞在する人には楽天プレミアムカードが嬉しいですね!

【補償開始日】
日本出国日の前日AM0:00~

【補償終了日】
①日本入国の翌日PM24:00
②または、日本出国日から3ヶ月後のPM24:00

ただし、病気やケガの場合、上記の期間を過ぎても発症・発生のタイミング次第で補償が適用されるので安心してください。

■病気
①旅行期間終了の48時間以内に発病し、治療を受けた場合
②コレラ・ペスト・天然痘など特定の感染症で、その日を含めて14日、コロナは30日を経過するまでに医師の治療を受けた場合

■ケガ
・発生日を含めて180日間

2.キャッシュレスで診察・治療できる!

楽天プレミアムカードに限ったことではありませんが、クレジットカードの海外旅行保険では、保険会社が提携する病院ならキャッシュレスで診察・治療をしてもらえることがメリットです!

医療費は高額になりやすいため、自己負担なしで病院が保険会社に直接請求してくれるのは、かなり安心でしょう。

医療費の参考として私がカナダでひざのじん帯断裂したときのお話をすると、MRIは約10万円、手術代は約200万円でした。入院する場合は、1泊30万円と言われました。

カナダは特に医療費が高いので極端な例になってしまいますが、上記の費用を自己負担するのは大変です。

楽天プレミアムカードは、キャッシュレスに対応しているので安心しておすすめできます。

現地で病院に行くときは、東京海上日動の楽天損保サポートデスクに相談すると病院を紹介してくれます。電話番号は国ごとに変わるため、それぞれ公式サイトで確認しましょう。

3.補償が手厚い

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、補償も手厚いこともメリットの1つです。

▼途切れる場合は横にスクロールできます

楽天プレミアムカード保険金額シーン
傷害死亡・
後遺障害
最高5,000万
(自動:4,000万
+利用:1,000万)
死亡・後遺障害が
生じたとき
賠償責任
※免責なし
3,000万他人にケガを負わせたり、
他人のものを壊してしまったとき
救援者費用200万遭難による捜索費や入院などで
家族がかけつけるとき
傷害治療300万ケガしたとき
疾病治療300万病気になったとき
携行品損害
※免責3,000円
最高50万
(自動:30万
+利用:20万)
所持品が破損・盗難にあったとき

エポスゴールドや三菱UFJカードのゴールドプレステージなどと比較すると補償額は同じくらいですが、これ以上補償額が大きいクレジットカードもあまりありません。

基本的には自動付帯ですが、傷害死亡や携行品損害は利用条件を満たすとさらに補償額がアップするため、嬉しい!との声もありました。

ちなみに、携行品損害は、1つに対して10万円が限度額になるので注意しましょう。

また、補償額がアップする条件は、出発空港までの交通費または、募集型企画旅行(旅行会社のパックツアーなど)の料金を楽天プレミアムカードで支払うこと。交通費の支払いならそんなに難しい条件ではないので、個人的には補償額アップさせることをおすすめします。

▼利用条件

対象支払い
ツアー出発前予約した旅行会社のツアー
航空券・渡航先への航空券
・渡航先までの乗継便
電車・空港までの電車賃
バス・空港までのバス代
タクシー・空港や駅までのタクシー代
×宿泊代個人で手配した宿泊代金
×その他・ガソリン代
・高速代
・空港の駐車場代
・レンタカー代
・帰国後の交通費
など

一部補償対象外のケースもある

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、一部対象外のケースもあります。

【例】
■歯科治療
■飛行機遅延・ロストバゲージ
など

上記の項目は、他のクレジットカードの海外旅行保険でも一般的です。

ただ、歯科治療については、他の保険でも対応できたり、できなかったりというケースがあります。その時の状況も関係してくるようなので、気になる人は事前に確認しておくと良いかもしれません。

現地で困ったときは、まずは保険で対応できるかを東京海上日動の楽天損保サポートデスクに確認しましょう。

4.家族カード発行で家族も海外旅行保険が自動付帯になる!

楽天プレミアムカードの嬉しいところは、家族カードを発行すると、その家族も海外旅行保険が自動付帯で同じ補償内容を受けられることです。

しかも家族カードは、たったの年会費550円!2枚まで作成できます。

そのため、海外旅行保険目的で家族カードを作成する人も多く、高く評価されています。

ただし、18歳未満は家族カードの対象外!お子さんや家族カードのない家族の保険をカバーしたい人は、家族特約があるセゾンゴールドプレミアムがおすすめです!詳細は、『子供のみ加入できるおすすめの海外旅行保険!料金や補償内容を徹底比較』という別記事を参考にしてくださいね。

家族カードを作らなくても家族特約でカバーされるクレジットカードもありますが、補償額が減額されるケースもあるので、本会員と全く同じ補償なのはお得でしょう。

また、このあと紹介しますが、楽天プレミアムカードは、海外の1,400ヵ所以上の空港ラウンジまで無料で利用できる『プライオリティパス』も人気です。

誤解のないように口コミに補足すると、国内の空港ラウンジは家族カードでも無料で利用できますが、『プライオリティパス』の対象外なので注意しましょう。

おまけ:海外旅行保険以外のメリットも大きい

楽天プレミアムカードは、海外旅行保険も魅力的ですが、以下の特典が利用できることも人気の理由です。

■プライオリティパス
■空港宅配
■国内旅行傷害保険・動産総合保険

それぞれの特典についても簡単に紹介します。

プライオリティパス

楽天プレミアムカードは、海外空港ラウンジが利用できるサービス『プライオリティ・パス』に無料で申し込みができます!

楽天プレミアムカード会員ではない同伴者や家族は、3,300円の別料金がかかります。

【できること】
■ソファでゆったりとくつろぐ
■無料でシャワールームが使える
■ソフトドリンク・アルコールなど無料の飲み物を飲める
■軽食(ビュッフェ形式または、オーダー形式)を食べる
■ラウンジ専用のWi-Fi・電源を利用する
など

2024年までは利用回数が無制限でしたが、2025年以降は年間5回までになります。

ただ、他社ではプライオリティ・パスの利用を3回にする動きもありますし、プライオリティ・パスに自分で申し込む場合、1番安いプランで年会費US$99+毎回US$35かかるため、楽天プレミアムカードがお得であることには変わりません。

空港の手荷物宅配サービス

楽天プレミアムカードには、優待サービスに応じて『楽天市場コース』『エンタメコース』『トラベルコース』の3つのコースがあるのですが、『トラベルコース』にすると年に2回まで無料の手荷物宅配サービスを利用することができます。

海外旅行に行く人には、口コミで高く評価されています。

スーツケースが重いときや雨の時でも、海外出発時の『自宅から空港まで』と、帰国時の『空港から自宅まで』の移動がかなり楽になるのでおすすめです!

国内旅行傷害保険・動産総合保険

国内旅行傷害保険は、旅行先でケガによる入院で利用できる保険。あまり利用する機会はないかもしれませんが、あるだけ良心的ですね。

動産総合保険とは、楽天プレミアムカードで購入した商品が破損・盗難・火災など、損害にあったときに補償してくれる保険。

海外旅行保険の携行品損害は、旅行中に壊れてしまった所持品のみ対象ですが、動産総合保険は、旅行に関係なく補償してくれるので、海外の旅行先で購入したものが、旅行終了後に壊れてしまったときなども安心です。

ただし、3,000円の免責(自己負担)はかかるので覚えておきましょう。


\海外旅行好きにたまらない!/

楽天プレミアムカード

【 楽天プレミアムカードが人気の理由 】
1.海外旅行保険・国内旅行傷害保険・動産総合保険が自動付帯!
2.家族カードで家族も海外旅行保険が自動付帯・同じ補償◎
3.海外空港ラウンジが利用できる『プライオリティ・パス』が無料で申し込みできる!
4.トラベルコースで手荷物宅配サービスが無料になる!


年会費以上にお得と口コミでも高く評価されています◎

▼ポイント進呈中!▼

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の2つの注意点

楽天プレミアムカードの海外旅行を利用するときの注意点は、以下の2つです。

1.年会費が発生する
2.楽天プレミアムカードのみでは補償が不十分の可能性がある

他のクレジットカードでも言えることなのでデメリットというほどではありませんが、注意しましょう。

それでは順に確認していきます。

1.年会費が発生する

大前提として楽天プレミアムカードは11,000円の年会費がかかります。

海外旅行保険だけが目的の場合は、エポスカードをおすすめします。

年間50万円ほど利用すると、年会費が無料のエポスゴールドのインビテーションがもらえます。利用付帯であるものの、楽天プレミアムカードと同じくらいの補償の海外旅行保険が付帯するので、私も持っています。

ただ、楽天プレミアムカードは、海外旅行保険以外の特典やお得さも考えればかなりコスパが良いので、他の特典も利用するかどうか?で検討することをおすすめします。

2.楽天プレミアムカードのみでは補償が不十分の可能性がある

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の補償は比較的充実していますが、医療費が高い国だと補償が十分でない可能性もあります。

そのため、楽天プレミアムカード以外にも、海外旅行保険付帯のクレジットカードを併用することをおすすめします。

なぜなら、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを複数持っていた場合、項目によっては、補償額を合算することができるからです。

ほとんどのクレジットカードの海外旅行保険にも言えることなので、知らなかった人はこの機に覚えておきましょう。

複数のクレカ併用と補償額の合算について

以下の口コミにもあるように、利用頻度が高い『傷害治療』『疾病治療』は合算が可能なので、入院・手術などもしものときに便利です。

ただし、『傷害死亡・後遺障害』の項目は合算できません。1番金額が高いクレジットカードの補償が適用されます。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険を使った人の口コミ

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の利用者のリアルな評判・口コミから紹介していきます。

メリット・注意点を見てきましたが、実際に使ったみてどうだったのか?をぜひ参考にしてください。

コロナによる隔離のホテル代もまかなえた!

以下は、コロナでのホテル代も保険で対応できるとの口コミです。

他にも、ケガや病気のために使った交通費・医療通訳の費用なども補償が適用されます。

実際にその状況になったときに「これはどうなんだろう?」という費用が出てきたら、サポートデスクに確認しましょう。

保険金の請求・受け取りが簡単

キャッシュレスの病院で診てもらった場合は、病院で渡される用紙を記入すればOKです。

ただ、キャッシュレスで対応できないものがあった場合でも、そんなに難しくありません。

 
ケガや病気の場合は、以下のものを提出します。

■医師の診断書
■治療費の明細・領収書
■保険金請求書及び事故状況報告書
※楽天損保からもらう
■日本出国日を示すパスポート
※一般的には出国時の搭乗券もOK

携行品損害の場合は、診断書の代わりに損害証明書・写真、修理の見積書、購入時の金額がわかる書類などが必要になります。

実際に保険金を請求した人によると、翌週には振込されたそうです。

金額が大きいほど対応が早いと助かりますね!

年会費の元が取れた

結構口コミで多かったのが、海外旅行保険の利用で元が取れたという声。

入院などそんなに重症でない場合でも、意外と年会費以上の保険金が振り込まれることが多いようです。

中には、毎年年会費の元は取れているという人もいるので、11,000円以上の価値があると言えるでしょう。

電話の繋がりやすさはタイミング次第

利用者によって意見にバラつきがあったのが、電話の繋がりやすさです。

すぐに繋がったという人もいれば、時間がかかったという人もいました。

ちなみに、上記の口コミにあるように、楽天モバイルは専用アプリを利用すると海外から日本への通話が無料になります。

また、海外でも毎月3GBまで無料に利用できるため、海外旅行好きや留学・海外赴任の人にも人気があっておすすめです。

気になる人は以下の別記事もチェックしてみてくださいね。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼

まとめ

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、自動付帯で補償も充実しているためおすすめです。

年会費はかかりますが、もしも何かあって保険を利用すればそれでだけで元が取れることもありますし、プライオリティパスやトラベルコースの手荷物宅配を利用すれば年会費以上にお得になります。

ぜひ、海外旅行に行く方はぜひ検討してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
海外旅行
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました