ワーホリのお金の持って行き方で1番お得な方法!現金はいくら持って行くかも解説

※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
※本記事は広告(PR)を含みます。 当サイト内の各サービスの紹介や評価等に影響を及ぼすものではありません。
ワーホリ・留学

「ワーホリに行くときのお金の持って行き方はどうする?」「どの方法が1番お得なの?」

こんな疑問はありませんか?

結論、ワーホリのお金の持って行き方で1番おすすめなのは『Revolut』を使って、両替・ATM出金・海外送金をすることです!

ただし、ワーホリ帰国時のお金も考慮する場合、Revolutでは海外から日本への送金ができないため、1つのサービスにまとめたい人には『Wise』をおすすめします。

このページでは、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでワーホリ経験のある私が、以下の順に『ワーホリのお金の持って行き方』を解説します。

●ワーホリのお金の持って行き方で1番お得な方法
●ワーホリのお金を持って行くときにRevolutを使う4つのメリット
●ワーホリのお金の持って行き方|4つの方法と注意点

最後まで読めば、ワーホリだけでなく今後の海外旅行にも役立つ、1番お得なお金の持って行き方がわかります。ぜひ、参考にしてください。

結論!ワーホリのお金の持って行き方で1番お得な方法

ワーホリのお金の持って行き方で1番お得な方法は、『Revolut』を使うことです!

『Revolut』は、外貨両替や海外・国内送金などのサービスを提供する金融アプリです。似たようなサービスで有名なWiseより知名度は劣るものの、両替手数料も海外送金手数料も無料にできたり、デビットカード発行も無料だったり、Wiseよりもお得なメリットがあります。

そのRevolutを使って、ワーホリでお金を持って行く具体的な方法は以下の通りです。

1.Revolutに入金 ⇒ アカウント内で現地通貨に両替
2.現地の空港のATMで数万円を出金
3.現地の銀行を開設するまではRevolutカードで支払い
4.現地の銀行を開設 ⇒ Revolutで銀行に海外送金する

日本のお金を海外に持って行くにはRevolutが1番お得ですが、居住国からの送金しかできないのでワーホリ終了時に海外から日本への送金はできない注意点があります。

そのため、帰国前にはwiseも必須です。使い分けるのが面倒な人は、wiseだけに絞るのもおすすめです。銀行のカードや海外送金・両替所と比べたら、wiseもかなりお得ですから◎

まずは、ワーホリ渡航時にRevolutを使うメリットを詳しく見てきましょう。

ワーホリのお金を持って行くときにRevolutを使う4つのメリット

ワーホリのお金を持って行くときにRevolutを使うメリットは、以下の4つです!

【メリット】
1.1ヶ月あたり75万円まで両替手数料が無料!
2.Revolutカード発行料も年会費も無料!
3.1ヶ月25,000円まではATM手数料が無料!
4.海外送金手数料が無料!

次の章【ワーホリのお金の持って行き方|4つの方法と注意点】を見て頂くとわかりますが、他の方法は各種手数料が発生します。

Revolutも一部手数料が発生するケースはありますが、原則無料なので1番お得です。

それでは、Revolutの詳しいメリットと注意点を確認していきましょう。

1.1ヶ月あたり75万円まで両替手数料が無料!

Revolutは、アカウントに資金をチャージしたら、好きな金額を入力してボタン一つで瞬時に両替できます。

そのときの両替手数料は、1ヶ月75万円まで無料になります。

両替所での換金やクレジットカード・デビットカードでの支払いは、一般的に手数料が上乗せされたレートが採用されています。

しかし、Revolutは、ロイターなど手数料のないリアルなレートで両替できるので、多額の日本円を両替するワーホリにはかなりお得です。

もしも、75万円を超えた場合は、両替金額の0.5%の手数料がかかりますが、比較的安い方でしょう。

例:1万円あたり ⇒ 50円

ただし、両替するにあたって、以下2つの注意点をおさえておきましょう。

●週末は1%の為替手数料がかかる
●1ヶ月の基準日はアカウント開設日

順にチェックしていきます。

週末は1%の為替手数料がかかる

細かいことを言うと、両替するときには『為替手数料』と『両替手数料』という2つの手数料があります。

週末にRevolutのアカウント内のお金を両替したり、Revolutカードで支払いをすると、1%の為替手数料がかかります。

ここで言う週末は、ニューヨーク時間の金曜日17:00~日曜日18:00です。

普通の銀行のクレカやデビットカードは、独自のレート+1.5%~3%の手数料なのでRevolutの方が割安ですが、少しでも安くしたい人は、事前に両替・現金出金するなどの工夫をおすすめします。

1ヶ月の基準日はアカウント開設日

Revolutの月75万円まで両替無料という1ヶ月の基準日は、アカウント開設日になります。

翌月になったらリセットされるわけではないので注意してください。

例えば、開設日から15日なら毎月15日~翌月14日までのサイクルになり、8日なら毎月8日~翌月7日までになります。

アカウントを開設するとアプリで確認できます。もし分からなければ、マイページからチャットで問い合わせると教えてくれるので安心してくださいね!

2.Revolutカード発行料も年会費も無料!

Revolutには、日本のスイカやパスモのようにチャージして使うタイプのデビットカード『Revolutカード』というものがあります。

スタンダードプランなら、発行費・年会費が無料です!

有料のプレミアムプラン・メタルプランになると、『ATM無料出金額』『外貨両替の上限額』など色々とグレードアップします。

プランスタンダードプレミアムメタル
料金0円980円/月 or
9,800円/年
1,980円/月 or
19,800円/年
限定の
メタルカード
××
ATM無料
出金額/月
2.5万円5万円10万円
国内送金
無料回数
1回/月3回/月5回/月
カード払いでの
1%還元(最大5,000円)
××
外貨両替/月75万円無制限無制限
国際送金無料
カード配送普通郵便無料速達無料速達無料
カスタマーサービス
の優先利用
×
空港ラウンジの
割引利用
×
フライトが1時間
以上遅れた場合の
無料ラウンジ
×本人+1名本人+3名

ちなみに、ワーホリに人気のWiseは、年会費は無料ですが1,200円の発行料がかかるので、Revolutの方が手軽に発行できます。私はWiseカードではなく、Revolutカードを発行しました。

Revolutカードの発行から手元に届くまでは、10日くらいでした。私の場合は、本人確認がエラーで2~3日かかったので、遅くとも出発の3週間~1ヶ月前にアカウント作成・カードの発行をしておくことをおすすめします。

チャージ方法は銀行振込を選ぶこと

Revolutカードの利用や海外送金するときは、まず最初にRevolutアカウントへのチャージが必要です。

その時のチャージ方法は、2024年2月26日まではVISAのデビットカードもおすすめですが、銀行振込にしましょう。

理由は以下の通り、手数料が無料であることと、チャージした資金を動かせるかどうかです。

 手数料ATM出金
・送金
銀行振込無料
※銀行側の手数料は別途発生
デビットカードVISA無料
※2/26以降不可
Mastercard1.7%
※2/26以降不可
クレジットカードVISA1.7%×
Mastercard1.7%×
プリペイドカードVISA1.7%×
Mastercard1.7%×

銀行振込するときは、銀行側の振込手数料がかかるので、手数料無料の銀行から振込とよりお得です。

ちなみに、JCBやアメックスは対象外なので注意しましょう。

3.1ヶ月25,000円まではATM手数料が無料!

Revolutカードのスタンダードプランの場合、1ヶ月あたり25,000円までATM手数料が無料です。

25,000円以上引き出す場合は、2%の手数料がかかるので覚えておきましょう。

Revolutに限ったことではないのですが、「なぜかATM利用料が請求された」というケースがあります。

実は、Revolutからの利用料が無料でも、ATM側の利用料が発生する機械も一部あるので注意しましょう。

Revolutカードについて、もっと知りたい人は、以下の別記事も参考にしてください。

4.海外送金手数料が無料!

Revolutは、海外送金手数料も無料というメリットがあります。

上限額は、1回の送金で最大100万円までですが、両替手数料が無料なのは1ヶ月あたり75万円までなので注意してください。
ちなみにWiseで海外送金する場合は、レートは為替手数料がのっていませんが、入金や送金に手数料がかかります。一般的な海外送金と比べたら、断然安いですけど。

そのため、Revolutは、業界の中でもかなりお得なんです。

海外送金の詳しい手順は、以下の別記事で確認してくださいね!

中継銀行で手数料が発生するケースがある

公式サイトによると、国際送金で資金の移動中に中継銀行を経由することがあり、その際に中継銀行から手数料が発生する場合があるそうです。

ただ、私がこれまで海外送金して、手数料が引かれたことは一度もありません。

口コミを探しても「海外送金で手数料がかかった」という投稿は見つからなかったので、実際に起こるケースは少ないそうですが念のため頭の片隅に入れておきましょう。

口コミで話題!
\海外送金・海外デビットカード/

Revolut(レボリュート)

【Revolutのおすすめポイント】
1.ATM出金可能なRevolutカードが便利!
2.リアルなレートで外貨両替!
3.VISAデビット・銀行振込ならチャージ手数料が0円!
4.海外への送金手数料も無料!
5.問い合わせもアプリから簡単!対応も◎

▼手数料無料!リアルなレートでお得に両替・送金!▼

ワーホリのお金の持って行き方|4つの方法と注意点

結論として、Revolutを使ってワーホリのお金を持って行くがおすすめですが、一般的にどんな方法があるのか?と、そのときの注意点も確認していきたいと思います。

1.現金の持ち込み
2.クレジットカード
3.デビットカード
4.海外送金

メジャーなのは、上記の4つの方法です。

それぞれ詳細を確認していきますが、Revolutと比べてどうかな?といった点も見ていきましょう。

1.現金の持ち込み

1つめは、入国時に日本円を現金で持ち込みして両替するという方法。

口コミを見ると、金額は1万円~5万円くらいが多く、中には「いらないと思う」という意見もありました。

私は、1万円を持って行きましたが、両替せずお守り代わりとしてずっと使いませんでした。

念のため、日本のデビットカードで数万円をATM出金しましたが、基本はクレジットカード。それと、すぐに現地の銀行を開設して海外送金したので、日本円はなくても全然大丈夫でした◎

ただ、現金が少なくても大丈夫なのは、現地のATMから現金を下ろせるカードを持っていることが大前提です!

現金を持ち込みするときの注意点

現金は、念のため持っておくと安心ですが、注意点が2つあります。

●レートはあまり良くない
●盗難のリスク

レートは仕方ないような気もしますが、多額の現金を持って行くことはおすすめしません。

下記の通り、実際に盗難にあってしまった人もいます。

上記のことから、現金の持ち込みは数万円程度にし、口座開設後に送金したり、まとめてATM出金して口座に入金するようにしましょう。

2.クレジットカード

クレジットカードは、ワーホリでは2枚は持っておきたいアイテムです!

カード払いはもちろん、海外キャッシング機能があるクレジットカードだと、現地のATMから現金を出金できます。

ただし、知っておきたい注意点は以下の2つ。

●レートや海外手数料はカードによって違う
●クレカのキャッシングは金利に注意

『国際ブランドが決めるレート』と『カード会社の決める手数料』の組み合わせによって、『レート』や『手数料』の合計が変わります。

参考までに以下をタップしてご覧ください。

国際ブランド通貨基準レート
※2023/7/31の例
VISAUSD141.19円
AUD94.06円
MastercardUSD140.85円
AUD94.48円
JCBUSD141.02円
AUD94.00円
アメックスUSD非公表
AUD

 国際
ブランド
楽天カード三井住友
カード
クレジット
カード
VISA1.63%2.20%
Mastercard
JCB1.60%-
アメックス2.00%-
デビット
カード
VISA3.08%3.05%
Mastercard-
JCB-

 
デビットカードと比べたら、クレジットカードの方がカード会社の手数料が割安ですが、Revolutならリアルタイムのレートですし、平日は両替手数料も無料なのでお得です。

また、クレジットカードの海外キャッシングで現金を下ろす場合、借り入れになるので返済までの期間が長くなるほど、利息が膨らんでしまうので要注意!繰り上げ返済をするか、1回払いにして金利を最小限にしましょう!

それと、クレジットカードが複数あった方が良い理由は、ATM出金するときに吸い込まれたという人がいたり、カードによっては海外利用するとセキュリティ対策で凍結したり、使えなくなってしまうケースもあるためです。

おすすめのカードについては、以下の記事も参考に検討してください。

3.デビットカード

前述した通り、デビットカードは、クレジットカードと比べて海外決済時の手数料が割高になることが注意点。

しかし、現地でATM出金する場合、口座にあるお金を直接引き出すことになるため、クレジットカードのようにキャッシングによる金利を気にしなくて良い安心感があります。

私は防犯対策として、メインで使っている銀行のデビットカードでなく、サブの銀行のデビットカードをワーホリには持って行きました。

もしも、落としてしまったときや盗難にあったときに、たくさんお金がある口座と直結しているのは個人的には怖いので…。

Revolutの良いところは、セキュリティ対策でカードが凍結しても、アプリですぐに凍結解除ができたり、チャージして使うタイプなので口座と直結していないので、安全性が高いこと。

手軽で安全性も高いのでおすすめですよ!

4.海外送金

日本の銀行から海外の銀行への海外送金は、レートに手数料がのっていて、さらに2,000円~4,000円くらいの送金手数料がかかります。

例として、オーストラリア口座に新生銀行から送金する場合と、Revolutから送金する場合でどう変わるか?

2024年1月31日に50万円を海外送金する場合を例に比較しましょう。

出典:新生銀行(左), Revolut(右)

Revolutはリアルタイムのレートなので、同じ日でも時間によって若干金額が変わる可能性があります。(残高がマイナスになっていますが、私のアカウントの日本円がないだけなので気にしないでください)

いずれにしても、送金金額に50万円に対して、Revolutの方が受取金額が多いことがお分かりいただけるでしょう。

●受取金額
┗ 新生銀行:$5026.75AUD
┗ Revolut:$5145.20AUD

送金手数料が2,000円なら安い方ですが、4,000円以上することもあるので、上記よりも差が大きくなる可能性もあります。

その他の方法

その他のワーホリのお金の持って行き方も紹介するので、気になる人は参考にしてください。

●キャッシュパスポート
●チェック(小切手)

キャッシュパスポートは、手数料が高いと感じる人も多くいます。私は使ったことがないので、個人的にはなくても良いかなと思います。

私はカナダのワーホリをして、オーストラリアのワーホリに行ったのですが、カナダのタックスリターンで受け取った小切手をオーストラリアのワーホリに持って行きました。

オーストラリアで口座を開設したときに、小切手のお金を口座に入金したいと伝えたらすぐに対応してもらえました。

口コミ評価が高い!
\海外送金・レートがお得なデビット/

Wise(ワイズ)

【Wiseのおすすめポイント】
1.お得なレート&ATM出金も可能!Wiseデビットカード!
2.セキュリティ安全性も高い(決済通知・アプリで即利用停止・返金対応など)
3.海外送金もお得!
4.しかも着金までが早い!
5.世界中のほとんどの国で利用できる!

▼海外旅行・長期滞在の必需品!▼

まとめ

ワーホリのお金の持って行き方で1番おすすめなのは『Revolut』です!

両替や海外送金・ATM出金、すべてお得で便利なメリットがあります。

ただし、帰国時の海外から日本への送金も考慮して1つのサービスにまとめたい人は『Wise』にしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ぜひ、他の記事も参考にして素敵なワーホリ生活を楽しんでください!

\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
\海外利用も大好評!/
楽天モバイル!

【楽天モバイルが人気の理由】
1.eSIMで海外のSIMとも併用可能!
2.国際SMSの受信はすべて無料!
3.海外でも毎月2GBまで通信無料◎
4.アプリで日本への国際通話が無料!クレカや保険の問い合わせも安心◎
※一部対象外の電話番号あり
5.データ量完全無制限で一時帰国も安心◎
6.初期費用も無料!


▼コスパ最強!600万回線突破!▼
この記事を書いた人
ぱーま

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの3ヶ国でワーホリを経験。カナダへ渡航して1ヶ月で膝の靭帯断裂したことから、海外旅行保険にはうるさい。

帰国後も知人を通じて、ワーホリに関する情報を聞かれることから、ワーホリや海外で役立つ情報を発信中。

記事を読んだ方が『思いっきり楽しい時間を過ごせること』『安心して素敵な時間を迎えられること』を目的にサイトを運営しています。

ぱーまをフォローする
ワーホリ・留学
OZSANS, INC│ワーホリ・海外お役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました